2022年08月18日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:えっ、うそやろ!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は遠見尾根コースの好展望、小遠見山で休憩中!
P1520240.JPG
小遠見山の三角点。では、十分休憩しましたので再び出発。

コース本線へ向かって進んで行きます。
P1520241.JPG
若干、植物が茂っていましたが、軽快な足取りで抜けて行きます。

なにか看板があります。字が細かいですな。
P1520242.JPG
もう少し大きく写してみましょう。

えっ、うそやろ。 「ここから先は登山の装備が必要です」
P1520243.JPG
ここから先は 登山の装備が 必要です? って、今までのコースは何だったのでしょう!

どっひゃ〜〜〜、てな感じです。

そう、とおみ遊歩道。 そう、ハイキングコース。 いや、ピクニックコース!!
P1520244.JPG
ピクニックコースですでに汗だくとはな。アーッハッハッハッハァー。

帰って山本(やまほん:ガイド本)を見返してみると、小遠見山から先が遠見尾根っぽかった。

で、池塘。池塘と言えば早月尾根を思い出しますな。
P1520245.JPG
思い出に残る激闘でした。

花岡砂礫でしょうか。燕岳を思い出します。
P1520247.JPG
表銀座など挑戦してみたいものです。

そして中遠見到着。小遠見山から近かったような気が。
P1520251.JPG
ここでタイムを確認してみましょう。

午前9時31分。登り始めてから2時間ほど経過。
DSCN0465.JPG
まずまずのタイムかと思います。

では、息を整えて再び出発します。
P1520251.JPG
景色を楽しめないのが残念。

整備されたコース。歩きやすい。
P1520254.JPG
地元の白山とはややコースの趣が違いますが、思い出に残る素晴らしいコースです。

ミヤマタンポポ?この辺りから少しづつ花が登場しました。
P1520257.JPG
キレイなもんですな。


木の根ゾーン。軽快なステップで抜けて行きます。
P1520256.JPG
まだまだ中盤戦。どんどん先へ進みましょう。



えっ、うそやろ!編はここまで。

次回、おにぎりうめ〜!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 01:02| Comment(0) | 登山部

2022年08月17日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:山楽し!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は遠見尾根コース、一ノ背髪!
P1520221.JPG
では少し休憩しましょう。本日は山小屋泊りなので、久々のデカザックが重い重い。

たまに担いで練習しておくべきでした。
P1520222.JPG
では、また進みましょう。歩きやすいコースです。

どこまでも続くような木道。天に伸びています。
P1520225.JPG
ヤーホ、ヤッホヤッホ(^^♪と登りますが…

この景色… も、心配ご無用。
P1520226.JPG
感動が待ち受けていました。感動がexclamation×2

この辺りは上りやすかった記憶が。その前まではきつい階段が多かった。
P1520227.JPG
整備していただいている方々に感謝。

で、二ノ背髪に到着。まずまずのペース。
P1520230.JPG
目標物が多いとテンポがいいです。次のポイントで休憩にしましょう。

なかなかの稜線。ここらまで来るとあまり背の高い木は少なかった。
P1520232.JPG
天気が良ければ最高だったっでしょう。 でしょうね。

分岐の標識。二股に分かれていてどちらに進むかやや悩みましたが。
P1520234.JPG
小遠見山の方へ進路を取ります。

またまた歩きやすい稜線を越えていきます。
P1520235.JPG
序盤は危険個所などありません。

で、小遠見山に到着。オッシャー。
P1520236.JPG
下山していた7名くらいの学生グループと入れ替わるように到着。

山頂独り占め。で、休憩。
P1520238.JPG
遭難碑もありました。南無阿弥陀部、南無阿弥陀部。

では記念撮影でも。デカザックも写っとりますな。
P1520237.JPG
山楽し!



山楽し!編はここまで。

次回、えっ、うそやろ!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:03| Comment(0) | 登山部

2022年08月16日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:序盤は様子見、一ノ背髪編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は遠見尾根コース、地蔵の頭!
P1520198.JPG
休憩することなく再び歩き始めます。先は長し。

おっ、オコジョ。確かどこかで見たことあるような…
P1520199.JPG
思い出せませんな。

なかなか天気が好転してきません。確かこの辺に鐘のようなドラのようなものが。
P1520200.JPG
鳴らすの忘れました。次に来た時はきっと鳴らします。そう、必ずまた来ます。

遊歩道とな?登山道ではないのでしょうか。
P1520203.JPG
にしても、初めて登るコースは新鮮でいいですな。

で、この辺から階段が登場してきます。
P1520204.JPG
徐々に本格的な登りとなりますが、久々にチョイスしたデカザックの重さが気になります。

おっと、ここはどこだったでしょうか。見返り坂ですね。
P1520206.JPG
あの解説板、ズームしてみましょう。

最初の文字は「今」ですね。
P1520210.JPG
では、振り返ってみましょう。

どっぼ〜〜〜ん。仕方たありませんな。
P1520207.JPG
日頃の行いが悪かったということで、悔い改めていきましょう。

で、また階段を登ります。一人抜かされました。
P1520211.JPG
数日前に全国的に大雨が降ったせいか、登山者はまばらものんびり登山できて最高の日です。

ここはただの広場だったと思います。息を整えて再び行進。
P1520212.JPG
序盤は階段状になったコース部分が多かった。

この花は何だったでしょうか。遠見コースもきれいな花が見れるということで楽しみ。
P1520213.JPG
割りと平坦なコースも所々あり、息を整えるにはもってこいです。

おっと、結構深いですな。注意せねば。
P1520216.JPG
尾根筋を歩いているような感じでしょうか。

で、また平坦路。今のところコースはきれいで迷うような箇所はありません。
P1520219.JPG
トントン進んでいくと…

一ノ背髪に到着です。
P1520220.JPG
まずまずのペースで来ていると思いますが、名前の由来が分かりません。



序盤は様子見、一ノ背髪編はここまで。

次回、山楽し!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:20| Comment(0) | 登山部