2012年05月17日

中小企業施策利用ガイドブック

How are you? I am Love Earth モーリー。

中小企業経営・中小企業施策の授業では名の通り、中小企業に対するいろんな
支援策が登場しますが、どこかでテキストと同じ内容の本を見たような?

と記憶をたどると年に一回、税理士会より送られてくる冊子があったのを思い出しました。

中小企業施策利用ガイドブック
24fy-gbook-hyoushi[1].png

平成24年度版はまだ届いていませんが平成23年度版があったはずと事務所内を
探してみましたが、ない。

思い出してみると、つい先日事務所の掃除をしたさいに捨ててもた。
そのときちょうど経済学を勉強していましたのでまさか必要になるとは思わずに。

どこかでもらってきたいと思います。

Thank you.
see you again.

posted by Love Earth モーリー at 13:01| Comment(0) | 中小企業診断士

2012年05月14日

中小企業の定義

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

中小企業基本法での中小企業の定義は以下の様になります。

無題10.jpg

ここでひとつ過去問です。

第14問(H20)
 中小企業基本法における中小企業の定義に関する次の記述の正誤について、最も
適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 従業員数80名のサービス業(資本金1億円)は、中小企業と定義される。
b 中小企業基本法の中小企業の定義においては、資本金基準と従業員基準の両方
 の基準を満たす必要がある。
c 中小企業の定義において、会社役員は従業員に含まれない。

[解答群]
ア a:正   b:正   c:誤
イ a:正   b:誤   c:正
ウ a:誤   b:正   c:誤
エ a:誤   b:誤   c:正


aはサービス業なので資本金で判定するとバツですが、従業員数で判定するとマルですので正解。
bは不正解。
cは正解。

∴イ

定義中『または』が重要なポイントになります。
どちらかを満たしていれば中小企業に該当します。

税法の判定とはまったく違います。

Thank you.
see you again.


posted by Love Earth モーリー at 18:27| Comment(0) | 中小企業診断士

2012年05月12日

特別償却

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日、お客様の会社の確定申告書を作成しておりましたが、購入した機械装置の中に、
減価償却をするとき、特別償却という通常の償却費を大きく超えて減価償却費を計上できる
ものがありました。

いくつかの要件を満たさなければこの特別償却という計算は使えないのですが、
その要件の一つに『適用対象法人が中小企業者であること』との要件があります。

この要件につきましては、租税特別措置法施行令の第27条の4第10項に以下の記載があります。
(難しい法律ですが、きちんと確認しなければ。)

法第四十二条の四第十二項第五号に規定する政令で定める中小企業者は、
資本金の額若しくは出資金の額が一億円以下の法人のうち
次に掲げる法人以外の法人又は資本若しくは出資を有しない法人のうち
常時使用する従業員の数が千人以下の法人とする。

細かい部分を割愛すれば以下の要件です。

資本金の額が1億円以下で、常時使用する従業員の数が1,000人以下の法人です。

上記および他の要件もクリアしていますので、今回の関与先様では特別償却という
計算方法を使いたいと思います。

上で紹介した中小企業者の定義は『税法』によるものです。

中小企業基本法では、また違った要件になっています。
解説は次回。

Thank you.
see you again.

posted by Love Earth モーリー at 18:13| Comment(0) | 中小企業診断士