2012年05月26日

メイヨー

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

1927年から1932年にわたりシカゴのホーソン工場でメイヨーを中心に
継電器組立作業実験、面接実験、バンク配線作業観察の一連の実験が行われていた。

これをホーソン実験と呼びます。
内容はたとえば、
照明実験:明るくしたり暗くしたりした場合の生産性の違い
休憩・休日:増やしたり減らしたりした場合の生産性の違い
面接実験:苦情などを聞く

しかし、これらの差は生産性にはさほど影響を与えなかったようです。

この実験で、工場の生産能率向上のためには作業条件や経済条件より、
むしろ労働者の態度や感情、信念などが関連してくるとし、
それは職場での非公式な組織の人間関係に大きく影響される。

人間性への配慮(人間関係:Human relations)が重要だとホーソンは結論付けているよいうです。

ネットで調べると結構面白そうな内容ですが、
テキストではこれ以上詳しくは出てきませんのでこの辺で。

Thank you.
see you again.

posted by Love Earth モーリー at 13:06| Comment(0) | 中小企業診断士