2012年06月16日

ハルピンとウィナー

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

今は組織を活性化するためのリーダーシップ論を展開しています。
リーダーシップ論は大きく3区分に分かれますが、本日も行動論に登場する
ハルピンとウィナーです。

ハルピンとウィナーと言えばオハイオ実験です。

オハイオ実験では、因子分析の手法から「配慮」と「構造づくり」という2つの因子が
抽出されました。

ここで因子とは、ある事象の原因を分類した各要素のことで、「配慮」と「構造づくり」
それぞれを原因として起こりうる事象を解説しています。

「配慮」行動
…良好な人間関係を形成、維持しようとする思いの強いリーダーは、部下からより多くの好感を
 持たれ、部下の欠勤や不満も少ない。

「構造づくり」行動
…仕事の構造化や役割の規定化など規則やルールを重んじるリーダーは、部下から嫌われ、
 部下の欠勤や不満が多い。

ちょっと短絡的な気もしますが、実験の結果それぞれの因子がもたらす結果から
優れたリーダー像を探究しています。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 14:12| Comment(0) | 中小企業診断士