2012年06月22日

フィードラー

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

今は組織を活性化するためのリーダーシップ論を展開しています。
リーダーシップ論は大きく3区分に分かれますが、本日はコンティンジェンシー理論に登場する
フィードラーです。

コンティンジェンシー理論につきましては6月14日(木)で次のように説明しています。

(3)コンティンジェンシー理論
コンティンジェンシーという言葉がたびたびテキストに登場しますのでまずはこの言葉の意味から。

コンティンジェンシーとは偶然性とか不測の事態という意味で、そこに「プラン(計画)」
を付ければ、偶然や不測の事態にも対応できるように計画を立てて備えておこう。
となります。企業経営理論、経営戦略編に登場しています。

今回は「理論」という言葉が付いていますので、
いかなる場合でも当てはまるリーダーシップ行動は存在しないが、
どの条件のもとで、どのリーダーシップが最適か考えよう。

ということになると思います。まぁ、臨機応変といったところでしょうか。

話を元に戻しまして、フィードラーといえば状況好意性理論です。

次の3つの要素を使って状況好意性を判定します。

@リーダーがフォロワーに受容・支持される程度(部下との関係)…良-不良

Aタスク(仕事)のルーティン化・構造化の程度…構造-比構造

Bリーダーに付与されている権限の大きさ…強-弱

状況好意性を求めた結果、状況好意性が非常に大きいか非常に小さいかの両極の場合は
生産志向や仕事志向のリーダーシップが有効で、状況好意性が中程度の場合は人間関係思考の
リーダーシップが有効であったとの結果が出ています。

極端な場合は仕事重視、中間は人間関係。ここは分りますが、
状況好意性の導き方が今一つ分かりません。
確認でき次第、アップさせていただきます。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:33| Comment(0) | 中小企業診断士