2012年06月23日

ハウス

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

今は組織を活性化するためのリーダーシップ論を展開しています。
リーダーシップ論は大きく3区分に分かれますが、本日はコンティンジェンシー理論に登場する
ハウスです。

ハウスといえば経路―目標理論(パス=ゴール理論)です。

経路―目標理論によればリーダーは部下に対し目標の達成に至る道筋(経路、パス)を
明確にしなければならない。

ただし、リーダーシップはあくまでも部下に受け入れられ、部下を動機づけ、
満足させるものでなければならないとしています。

部下がノン・ルーティン(不定形)の曖昧な仕事に取り掛かっている場合はリーダーは
やるべき仕事を割り振り、目標を特定化し、フィードバックするなどのタスク志向行動。

ルーティン化された仕事に取り掛かっている場合には人間関係志向行動をとって、
仕事をより明るく楽しく、目標達成プロセスを円滑にしてあげる。

ゴールとその道筋をリーダーが導きますが、仕事の内容によりリーダー行動も変わる。

経路―目標理論(パス=ゴール理論)はわかりやすい。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 12:55| Comment(0) | 中小企業診断士