2012年07月15日

医王山登頂プロジェクト:Let's go to 白山編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成24年7月11日(水)に行われた医王山登頂プロジェクトの模様をお伝えいたします。

本日最大の難所を何とか全員無事に乗り切りました。
息が上がります。
P1000652.JPG

登った時点ではどこまで来たのか分りませんでしたが、ふと辺りを見渡すと
目に鳶岩が飛び込んできました。
すごいところまで来た!
P1000655.JPG

卯辰山、宝達山、奥獅子吼山。
そして本日、奥医王山、白兀山と順調に登ってきたモーリーに遂に運命の時が訪れます。

Love Earth モーリー、鳶岩、登頂断念!!

もう10m程なのに、この10mがあまりにも遠かったです。
先端まで行けなかった。(左右前後、断崖絶壁。怖くて怖くて岩にへばりついていました。)

見下ろせば大沼が見えます。
P1000663.JPG

部員の方2名が鳶岩登頂に成功しています。
素晴らしい。

長い休憩をとりそろそろ帰路につきますが、
引き続き鳶ケ峰(ピンク色の部分)でビビります。
右も左も断崖絶壁!
P10006191.JPG

鳶ケ峰で撮ってもらった写真が今回のベストショットでしょうか。
顔がこわばっています。
P1000665.JPG

遠く彼方には宝達山が見えます。
景色は最高ですが怖すぎです。
20mか30m位だったでしょうか。
それ以降はやっといつもの山道が現れます。
P1000666.JPG

緊張状態もほどけたところで見えてきたのが覗休憩所です。
最後の休憩をとり、しがらくびまで歩いた後は林道を夕霧峠まで登ります。
P1000669.JPG

午前7時半から始まった医王山登頂プロジェクトもそろそろ終わりが近づいて来ました。
夕霧峠の展望台に戻ってきたのは午後3時位でしたので、7時間近く歩いたことになります。
午後から雨の予報でしたが、何とか天気も持ちました。
P1000672.JPG

本日通ったルート以外にもさまざまなコースがあるようです。
医王山は奥が深いです。
金沢市にある山で大したこと無さそうですが、鳶岩以外にも難所があるようで
ナメたら大変なことになります。
P1000580.JPG

鳶岩には登れませんでしたが、本日も楽しかったっす。
登山部の皆様、ありがとうございます。

平成24年7月21日(土)、22日(日)の白山もよろしくお願いいたします。
P1000584.JPG
(奥医王山から白山を望む)

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 16:07| Comment(0) | 登山部

2012年07月13日

医王山登頂プロジェクト:牙を剥く鳶岩編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成24年7月11日(水)に行われた医王山登頂プロジェクトの模様をお伝えいたします。

白兀山を無事制覇した後は大沼(おおいけ)を目指します。
下りが続きますので楽です。
かなり下りますので帰りが少々心配。
P1000613.JPG

そうこうしているうちに本日最大のアタックポイントである鳶岩がその姿を現します。
岩肌をむき出しにして悠然とそびえています。
黄色い印が鳶岩。
きっと裏手に回れば登りやすいコースがあるのだろう。
この時はそう思っていました。
image4.jpg

そこから少し下れば『文豪たちがほれこんだ神秘の池』大沼到着。
P1000620.JPG

ひっそりとした林の中を、熊よけの鈴の音が優しく響きます。
P1000622.JPG

すぐそばには大池平休憩所があります。
トイレも完備されていますのでここでしばし休憩。
P1000625.JPG

次は三蛇ヶ滝を目指します。
ふと空を見上げると鳶岩がまるで牙を突き立てているかのようでした。
P1000628.JPG

少し下りが続くと小川のせせらぎが聞こえてきます。
P1000632.JPG

滝が見えました。医王山は想像以上に見どころ満載です。
登山靴を脱ぎ疲労を癒します。
マイナスイオンが辺りを覆い全身にミストを浴びます。最高です。
P1000633.JPG

ランチタイム。滝のそばにはおいしい湧水もありました。
腹が減っては戦は出来ぬ!おにぎりがとてもおいしかった。
P1000642.JPG

木の看板が裏返っていましたので道を少々踏み外しましたが、改めて鳶岩方向に進路を取ります。
P1000646.JPG

この辺りから徐々に道が険しくなります。傾斜がきつく段差も増します。
楽しかった登山はここまででした。
P1000649.JPG

ついに戦いが始まりました。
今年から登山を始めた初心者が挑むコースとはとても思えませ。
岩肌に鎖が打ち込んであります。専門用語で『クサリ場』と呼ぶそうです。
離したら最後。クサリを握りしめ必死で岩を登ります。
DSC01551.JPG

本日、鳶岩に登ってみたいと言い出したのはモーリーでした。
小学校6年生の夏に医王山で1日テント泊の遠足がありましたが雨で中止。
結局、体育館でテントを張って1泊した記憶がよみがえりました。
晴れていたら鳶岩まで登ろう!
確かそんな内容の企画だったはずです。
“小学生でも登れる鳶岩”

行く手に立ちはだかったのは、私の記憶とは裏腹に想像を絶する岩壁でした。
DSC01553.JPG

医王山登頂プロジェクト:牙を剥く鳶岩編はここまで。

次回、Let's go to 白山編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:18| Comment(0) | 登山部

2012年07月12日

医王山登頂プロジェクト:縦走編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

日ごろお世話になっております一般社団法人石川県マンション管理士会様の有志で
7月21日(土)、22日(日)にかけて白山登山が決まっております。

いよいよ白山も近付いて来ました7月11日(水)に当日のメンバーの皆様と
最後の特訓のため医王山目指しアタックした模様をご報告いたします。

モーリーは11日(水)に備え8日の日曜日は朝から事務所で一日まじめに
仕事をしていたことを念のためご案内いたします。

それでは今回も恒例のタイトルコールからそろそろイッテみよう!

”一般社団法人石川県マンション管理士会登山部
    &
  Love Earth モーリー
   医王山登頂プロジェクト
  今夜は2時間スペシャル!
   この後、完全公開”

医王山登山コースマップはこちらからお借りしました。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/documents/iouzenpanfuretto.pdf#search='医王山登山コース'

事務所から空を見上げると月の見える快晴です。
時間は午前6時半。
集合時間は午前7時ですのでそろそろ出発です。
CIMG2048.JPG

医王の里で合流しそのまま一気に夕霧峠まで車で上がります。
P1000559.JPG

準備が整ったところで記念撮影。
P1000561.JPG

医王権現の鳥居をくぐりまずは奥医王山目指しいよいよアタック開始です。
長い長い一日が始まりました。
P1000565.JPG

龍神池がありましたがそばまではいかずそのまま道を進みます。
「龍」の字に注意です。
宝達山の山頂にあった小屋も「山の竜宮城」ではなく「山の龍宮城」でした。
P1000566.JPG

ここでも百合が優しく迎えてくれました。
途中急な部分もありましたが山歩きに徐々に慣れてきたのかいいペースで進みます。
P1000571.JPG

そうこうしているうちにそろそろ奥医王山の頂上が近づいて来たようです。
P1000573.JPG

無事、奥医王山に登頂成功しましたが恒例の決めポーズはここでは行いません。
夕霧峠からは50分位だったと思います。
P1000579.JPG

医王山で一番高い山。939.16m。
奥獅子吼山を越えました。
景色も大変良かったですが、本日は縦走。
本番はまだまだこの先です。
展望台に登って標高チェック。時刻は午前8時19分。
夕霧峠を出発したのは午前7時半くらいだったと思います。
CIMG2050.JPG

一度夕霧峠まで戻り、次は白兀山を目指し再びアタック開始です。
P1000598.JPG

夕霧峠から白兀山まではさほど距離もなく下りが多かった印象です。
道も歩きやすく、そうこうしているうちに山頂へ。
895.7m。白兀山、登頂成功。
ここでもまだ恒例の決めポーズは温存します。
P1000604.JPG

白兀山山頂で休憩をとり次の目的地、大沼(おおいけ)目指し出発です。
天気がいいのと本番と同じメンバーとで今日は登っているのでとても楽しいです。
そう、あの場所に到着するまでは…。
P1000612.JPG

医王山登頂プロジェクト:縦走編はここまで。

次回、牙を剥く鳶岩編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:56| Comment(0) | 登山部