2012年09月23日

口三方岳登頂プロジェクトU:未知の後半戦編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は事務所で仕事をしておりましたが、
引き続き平成24年9月22日(土)に行われた、
口三方岳登頂の模様をお伝えいたします。

前回、8月19日(日)では引き返したふたつ目のポイント地点。
烏帽子山が見渡せるところまで来ました。
ちょうど中間地点位です。
CIMG2472.JPG

ここでいっぷくです。

登頂開始から1時間13分で着きました。まずまず。

『岩屋は真ん中だよ』と書いた案内看板が今回は見当たらなかったのが残念。

7分程休んで再び出発です。

いよいよここから未知の後半戦スタート。
CIMG2484.JPG
出だしはこんな感じでもすぐに傾斜が現れます。

出発してから登りが続きましたが、途中からわりと平坦な道になります。

相変わらず綺麗な花があちこちに咲いています。
CIMG2490.JPG

どちらかが目指す口三方岳の頂上でしょうか?
CIMG2491.JPG

ん〜? 前半ほどきつくありません。とても歩きやすい。
CIMG2493.JPG

ガイド本によりますと「立ち枯れたミズナラの木」のようですが、
私には雰囲気のある景色に見えました。
CIMG2494.JPG
空の青さがスカッシュ!

なにの実でしょうか。
CIMG2496.JPG

そうこうしているうちに水場の案内看板が現れます。
三つ目のポイント地点です。
CIMG2498.JPG
ふたつ目のポイント地点から25分ほどで到着しました。

水場は案内看板から10mほどだったと思います。
この道を進みます。
CIMG2500.JPG

小川が現れます。
とても綺麗で冷たくて緊急時には飲んでも全く問題ないと思います。
CIMG2505.JPG

引き返し、山頂目指して再び行進します。

紅葉です。
CIMG2509.JPG

水場から4つ目のポイント地点までのちょうど中間で現れた本日の最大傾斜。
ロープを使い慎重に登ります。
CIMG2512.JPG

ふたつ目のポイント地点、烏帽子山が見渡せるところでは
後半が前半と同じくらいきついとかなり大変だぞ、と気を引き締めたのですが
後半は割と平坦な道が続きます。
CIMG2516.JPG
普段の山とあまり変わらなくなってきました。

そうこうしているうちに4つ目のポイント地点『景清の池』に到着。
水場から25分ほどでした。
CIMG2518.JPG

想像していたより大きな池です。
CIMG2519.JPG

景清の池からちょっと進めば五つ目のポイント地点。
やっとここで緊張がほどけます。
CIMG2524.JPG

水場から景清の池の間で二組の下山者にお会いしました。

ひと組は年配の方と小学2、3年生くらいのお孫さん。

二組目は親子(母娘)。

登山口でモーリーのあとから到着し、身支度の速さでモーリーより
10分程先に出発された方は今年か来年かで定年とおっしゃっていました。

皆それぞれに登山を楽しんで、今日は素敵な祝日ですかわいい

って「違うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!!!!!。」

ここは傾斜がきついことで知られる県内でも屈指のコースのはず。

小学生でも登っとる!

先発で出発された方にもとうとう追い付けずじまい。

もしかしたら、ここのコースはオッサンだけに厳しくするのか。


未知の後半戦編はここまで。

次回、どういたしまして編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:29| Comment(0) | 登山部

2012年09月22日

口三方岳登頂プロジェクトU:最初から全開バトル編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

検討した結果、本日出かけることにしました。

結果的に正解だったようです。

目覚ましをセットするのを忘れて1時間寝坊してしまいましたが。


それでは今回も恒例のタイトルコールからイッテみよう。

”Love Earth モーリー
 口三方岳登頂プロジェクトU
 今夜は2時間スペシャル!
   この後、完全公開”


平成24年8月19日(日)、口三方岳初アタックも中間地点の
烏帽子山が見渡せる場所で登頂断念。

いよいよそのリベンジのときが訪れました。
CIMG2430.JPG
引き続き、デジカメが修理ドックからまだ戻らないのが痛いところ。

寝坊したおかげで登頂開始時刻は午前10時33分。

登山口に到着するとすでに車が2台。

身支度しているうちにもう1台到着。

前回来た時よりは賑やかそうです。
CIMG2432.JPG

今日は必ず頂上まで!
しかし、今から3時間かかると登頂はもう午後1時半。
寝坊はいけません。
CIMG2433.JPG

登ろうとしたのですが登山口付近には可憐な花がけっこう咲いていました。
CIMG2439.JPG

青色の花も。
CIMG2441.JPG

しかしこの山。相変わらず取付き急登。

最初から軍手をはめて登る山は今のところここくらいです。

いきなり全開バトルの始まりです。
CIMG2438.JPG

たいして登っていないのですが、振り返ると高度差を感じます。
CIMG2440.JPG

急登が終わるといつもの山道が現れますが、ここからが本当の闘いです。
CIMG2443.JPG

相変わらず前半はきついです。
登りの連続で一気に汗が噴き出します。

しかし、思いのほか花が咲いているのに驚きです。
先週の富士写ヶ岳はあまり咲いていなかったのですが。
癒されます。
CIMG2455.JPG

綺麗です。写真をとりながら登るのも楽しいものです。
CIMG2456.JPG

なんとか最初のポイント地点、作業小屋に到着。
ペースは悪くありません。登頂開始から25分程。
CIMG2448.JPG

その後、見晴らしの利く部分が現れます。
汗をぬぐいます。
CIMG2461.JPG

岩が多い場所が現れます。そろそろ岩屋敷に突入です。
CIMG2463.JPG

それにしても花がよく咲いています。プチお花畑状態。
CIMG2464.JPG

岩屋敷を越えればいっぷくです。
CIMG2470.JPG


最初から全開バトル編はここまで。

次回、未知の後半戦編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:08| Comment(0) | 登山部

2012年09月21日

明日と明後日の天気予報

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

明日からまた連休ですが、うち一日は山登りに。

明日、9月22日(土)の天気予報は曇り時々晴れ。

明後日、9月23日(日)の天気予報は晴れ時々曇り。

どちらにしようか微妙なところ。


デジカメが修理ドックから戻らないのが痛いところ病院


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:14| Comment(0) | 登山部