2012年09月17日

富士写ヶ岳登頂プロジェクト:きっついけど爽快編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

平成24年9月16日(日)にアタックした
富士写ヶ岳登頂の模様を引き続きお伝えいたします。

少し進むと開けた場所が登場。
CIMG2350.JPG

富士写ヶ岳登山の我谷ダムコースの始めのポイント。
鉄塔付近に到着です。
コースタイム通り登頂開始から25分で到着。
CIMG2351.JPG

一息入れます。

富士写ヶ岳の山頂の標高は941.9m。

吊り橋の手前の案内看板に「現在の標高156m」とありました。

標高差は800mほどでガイド本のコースースタイムは2時間ちょうど。

1時間で400mを登る感じです。

これだと口三方岳よりしんどいのでは。(930mほどを2時間半:ガイド本)

人気の山だから登りやすいはずと少しなめていました。

前回の動山から2週間のブランクがあるのも痛いところ。

きっついきっつい!

鉄塔後もご覧の急登が続きます。
CIMG2355.JPG

さらに進むと木陰の中に開けた場所が。
CIMG2357.JPG

富士写ヶ岳登山の我谷ダムコースのふたつめのポイント。
小リス平です。
CIMG2424.JPG

いくつか花が咲いていました。来年の春にぜひともまた来たいです。
CIMG2360.JPG

案内看板はほとんどありませんが代わりに目印が至る所に。
CIMG2366.JPG

山ではすでに紅葉が始まっていました。
CIMG2368.JPG

引き続き登りです。
ガイド本の標高差どおりできついです。
CIMG2371.JPG

登頂開始から1時間半で景色のいい場所に。
小松ドームが見えます。
CIMG2381.JPG

本日の目的地。
富士写ヶ岳の山頂が見えてきました。(右の山、のはず。)
CIMG2383.JPG

綺麗な花が登山を演出します。
もうひとがんばり!
CIMG2390.JPG


きっついけど爽快編はここまで。

次回、ナイスアタック編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 16:47| Comment(0) | 登山部

2012年09月16日

富士写ヶ岳登頂プロジェクト:ビューティフルサンデー編

How are you? I am Love Earth モーリー。

今日は朝からいい天気。
CIMG2314.JPG

午前7時に起きて午前7時半には出発です。

それでは今回もそろそろイッテみよう!


”Love Earth モーリー
 富士写ヶ岳登頂プロジェクト
 今夜は2時間スペシャル!
   この後、完全公開”


本日は絶対に登山口には迷いません。
平成24年8月12日(日)に行われた鈴ヶ岳登頂プロジェクトの記憶がよみがえります。

そうこうしているうちに無事到着。
CIMG2318.JPG

県民の森近くの大日山登山口まで行こうとすると割と遠いですが、
富士写ヶ岳登山口までは1時間半ほどで到着しました。

すでに先客が。
CIMG2320.JPG

春はホンシャクナゲが咲き乱れ、かなりの人で賑わうほどの有名どころ。

富士写ヶ岳の登山ルートは4本ありますが、
本日は一番ポピュラーな『我谷ダム吊り橋登山口』

身支度を整え、さっそくアタック開始。午前9時20分です。
デジカメ(FT4)がまだ修理ドックから戻らないのが惜しいところ。
CIMG2322.JPG
10年ほど前に買った古いデジカメでは、設定が悪いのか
最近人物撮影が今一つ。

どうですか。最初からこの風情。
CIMG2337.JPG

吊り橋の上からの景色は最高です。
CIMG2334.JPG

吊り橋を渡りきった後は右へ針路をとります。
CIMG2338.JPG

この看板が少々分りずらい。
枯れ草にまぎれ見失いそう。
CIMG2341.JPG

ここからいよいよ登りが始まります。

入口付近の登山道はこんな感じ。
はじめのうちは道幅も広いです。
CIMG2343.JPG

それにしてもいい天気。
写真の中の一番高い山はたぶん『前山』です。
今日はあの近くまで登ります。
CIMG2346.JPG

ビューティフルサンデー編はここまで。

次回、きっついけど爽快編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:43| Comment(0) | 登山部

2012年09月15日

中小ものづくり高度化法:認定までの流れ

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は、中小ものづくり高度化法の認定までの流れ、
及び一番目玉の支援策、戦略的基盤技術高度化支援事業(委託費)の
認定までの流れをご紹介いたします。

≪中小ものづくり高度化法の認定≫

1.特定ものづくり基盤技術高度化指針に沿った研究開発計画を作成

指針の確認がポイントになります。
22の特定ものづくり基盤技術に沿った研究でなければなりません。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2012/0412ShishinKaitei.htm

2.研究開発の拠点となる施設の所在地を所管する経済産業局に申請

申請用紙はこちらまで
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/portal/03_1ninteisinsei.htm
思ったほどの量でもありません。

3.経済産業大臣の認定を受け認定書を取得


≪戦略的基盤技術高度化支援事業(委託費)の認定(昨日の解説と同じ)≫

1.経済産業局に、公募期間中に提案書を提出

提案用紙はこちらまで(真ん中辺にあります)
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seizousangyou/sapoin/24fy_koubo.html
すでに平成24年度の公募は終了している模様です。

2.採択審査委員会にて提案内容が審査され、選択先決定

3.経済産業局と契約、研究開発実施、終了後、成果を報告

4.経済産業局から委託費を受給


大まかな流れは以上です。粛々と進めばいいのですが。
当然、文書の内容がポイントです。

以後、他の支援策の利用も可能となります。
(各機関での審査等が必要です。)


明日は人気どころ、富士写ヶ岳に挑みます。
天気は上々!


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:52| Comment(0) | 中小企業診断士