2012年10月09日

CADとCAM

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

昨夜は2次試験の過去問題を解いていましたが、問題にCADとCAMが
登場したのでご紹介いたします。

CAD→Computer Aided Designの略です。

Aided は「支援」になりますので、
コンピューターでデザインを支援する。

デザインは製品設計になるので、平たく言えば
コンピュータを使って設計する。

また、そのシステムがCADシステムです。

CADシステムを用いることで業務効率が向上し〜(うんぬんかんぬん)
と解答を作成します。

CADは有名ですから、問題ないでしょう。


CAM→Computer Aided Manufacturingの略です。

Manufacturing は「生産」とか「製造」になりますので
コンピューターで生産を支援する。
となります。

ここでポイントとなるのは、昨夜に解いた過去問には
金属加工部門と組立部門と塗装部門を持つ工場の例題でしたが、
CAMが関係するのは主に金属加工部門です。

金属加工部門で使用しているであろうNCマシンに対して
指示を出し、生産を支援するので、以下の様な解答は的を外しています。

「CAMを導入することで組立部門の作業効率が向上する。」

とか

「CAMを導入することで塗装部門の作業効率が向上する。」

です。

私は組立部門の作業効率が向上すると解答してミスりました。


CAMが関係してくるのは金属加工部門のみ! ここがポイントです。

次回はNCマシンの解説とともにもう少し補足いたします。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:51| Comment(0) | 中小企業診断士