2012年11月14日

鞍掛山登頂プロジェクトU:雪化粧編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成24年11月4日(日)に行われた、
鞍掛山登頂の模様をお伝えいたします。

現在の位置は、眺望冴える鞍掛山頂上。
P1010733.JPG

いい景色。しかし、登山者で頂上はぎゅうぎゅうです。
P1010738.JPG


標高478m。

Love Earth モーリー。鞍掛山登頂、成功!

ナイスアタック!

P1010746.JPG


そして今度は外しません。雪化粧をした白山。
P1010741.JPG
登るのはもうつらいでしょう。

ひと息入れて鞍掛山避難小屋まで。
P1010750.JPG

下りは水谷登山道からと考えていたのですが、小屋の前にいた方に聞くと
「ひとりならやめた方がいい。」とのことでやめました。それが正解です。
P1010524.JPG
この方は今月これで4度登ったと言っていました。人気あります。

そしてこの方から地図にはない登山コースを教えてもらいました。
以前、どなたかのホームページで見ました。
後山方面から降りれる鉄塔コースです。
P1010526.JPG

獅子岩は別として、分岐が出てきたら右に右に進めと。
今日はそこから登ったからクマも出ないでしょうとのこと。
P1010757.JPG

少し進むとこちらも地図にはなかった小獅子岩。
P1010759.JPG

あまりこちらまで来る人がいなさそうでしたので、久しぶりに
小獅子岩からの雄大な景色を体で表現してみました。
P1010771.JPG

小獅子岩もけっこうスリルがあります。
P1010764.JPG

小獅子岩からの景色を堪能して再び下山します。
このコースは宝達山を彷彿とさせる雰囲気です。
P1010774.JPG

眺望よし。
あせび(馬酔木)とはツツジ科の常緑低木。乾燥した山地に自生。だそうです。
P1010778.JPG

「とのお」には向かわず分岐があればとにかく右へ。
P1010783.JPG

紅葉を楽しみながら進みます。急な所や危険な箇所はありません。
P1010786.JPG

雪化粧編はここまで。

次回、今後の予定編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:54| Comment(0) | 登山部

2012年11月13日

鞍掛山登頂プロジェクトU:岩場祭り編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成24年11月4日(日)に行われた、
鞍掛山登頂の模様をお伝えいたします。

現在の位置は、紅葉冴える中ノ谷登山道、頂上まで300m付近。
P1010702.JPG

眺望も開けてきます。
P1010704.JPG

そしてこの辺りから岩のオンパレード。
P1010706.JPG

残り200m付近でベンチ発見。ちょうどいい休憩ポイントです。
P1010708.JPG

ベンチからの景色もまずまず。
P1010711.JPG

が、ベンチの後ろ側にアメかガムの紙くず&煙草の吸殻。
これはいけませんな。ティッシュにくるんで回収です。
P1010712.JPG

太陽の陽を浴びて紅葉に彩が増します。
P1010714.JPG

ひと息入れたところで再び岩場との戦い。斜面は急ですが長さはさほどでもありません。
少し登って休憩を繰り返します。
P1010717.JPG

それでも100m付近はきつかった。
P1010718.JPG

ガンガン登って。
P1010720.JPG

登り易い階段も有りで、
P1010722.JPG

また岩場。まんで楽しいとはまさにこのことです。
P1010724.JPG

天気も良く今日も最高です。
そろそろ頂上も近いな。
P1010726.JPG

そして無事到着。
P1010731.JPG

午前10時15分から登頂して現在は午後11時37分。
CIMG3448.JPG

西野谷登山道よりは時間がかかったようです。


岩場祭り編はここまで。

次回、雪化粧編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 19:24| Comment(0) | 登山部

2012年11月12日

鞍掛山登頂プロジェクトU:フィックスロープ祭り編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成24年11月4日(日)に行われた、
鞍掛山登頂の模様をお伝えいたします。

現在の位置は、いよいよ傾斜が現れた中ノ谷登山道、頂上まで800m付近。
P1010676.JPG
徐々に岩が姿を見せます。

ここまで来ると割と案内看板が増えます。
P1010677.JPG

そしてフィックスロープ登場。
P1010678.JPG

傾斜はきついですが、距離的には3〜4m登って平らな踊り場が登場するといった感じ。
しかし、見るからに滑りやすそうな岩が続々登場します。

医王山の鳶岩、口三方岳に続き軍手装着でバトルモード突入です。
P1010679.JPG

ぐいぐい登り。
P1010680.JPG

踊り場で休んで秋を堪能します。
P1010682.JPG

またまた階段登場。
P1010684.JPG

そして再びフィックスロープ。
P1010685.JPG

ここから先はフィックスロープのオンパレードです。
P1010687.JPG
11月9日(金)にアップしたブログで、前回10月27日(土)に鞍掛山登頂後
行者岩登山道で下り、駐車場も近付いたところで年配の女性に会いました。

話をすると全くの初心者と言うことで登るなら距離の短い中ノ谷登山道を
すすめてしまい後でえらく心配しましたがどうやら杞憂に終ったようです。

もし中ノ谷登山道を登ったとしても、きっと途中で引き返したと思います。

中ノ谷登山道は危ない場所はありませんが
年配の方がしかも軽装で登れるコースではありませんでした。

そしてまたシダ植物軍団。
P1010689.JPG

登ってきたコースを見下ろすと傾斜がそれなりにきつい。
P1010690.JPG

もう少し登れば眺望も開けるはず。
P1010692.JPG

まだまだきつい傾斜が続きます。しかし、中ノ谷登山道の登りもとても楽しいです。
鞍掛山、恐るべし。
P1010694.JPG

西ノ谷登山道の尾根です。楽しい会話が風に乗って聞こえてきます。
P1010696.JPG

木の階段を上ります。紅葉が徐々に映えてきました。
P1010698.JPG

楽しいひと時はまだ続きます。
P1010701.JPG

モーリーが着ているシャツはウール製ですが、登りで汗をかくとさらに熱くなるのは
保温性に優れている証拠だと思われます。

高かったですが効果てきめんです。


フィックスロープ祭り編はここまで。

次回、岩場祭り編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:19| Comment(0) | 登山部