2012年11月20日

平成24年10月21日(日):2次試験 事例V 第3問

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

平成24年10月21日(日)に行われた2012中小企業診断士試験の2次試験に
挑んだ模様を引き続きお届けします。

今日より事例Vの試験問題を振ります。

事例のVは生産・技術に関する問題です。


登場した会社は以下の通り。

C社は地方都市に本社および生産拠点をおき、食肉製品を生産、販売している。創
業は1990年、同地域に店舗を展開していた食品スーパーX社が加工部門を分離し、
その加工部門の責任者であった現社長が経営を任された。C社社長はX社の加工部
門を引き継いだ後、加工工程の見直し、加工技術の向上などを行い生産性の改善を進
めた。そして、X社以外の食品スーパーへの販売数量を増加させ、また販売品目を
絞って少品種多量生産体制をつくり、さらに生産性の向上を達成するなど経営改善を
進めてきた。その後、外食チェーンからの受注にも成功している。
現在ではX社を含めた食品スーパー4社計80店舗、外食チェーン6社計30店舗
と取引を行い、生産数量の60%は食品スーパー、40%は外食チェーン向けである。
近年、食品スーパー向け製品の販売数量はほぼ横ばいで推移しており、外食チェーン
向け製品も外食産業の業績が思わしくないことから減少傾向にある。
現在の資本金は4,000万円、従業員はパート60名を含む100名である。



そして問題です。配点が大きいです。

第3問(配点40点)
C社では新規事業として外食チェーンY社との取引を検討している。その計画に
ついて以下の設問に答えよ。

(設問1)
Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を備えるためには、C
社ではどのような対応を必要とするのか、120字以内で述べよ。

(設問2)
Y社から要求されているセントラルキッチンとしての機能を果たすためには、C
社の日常業務上どのような情報が必要になるか、100字以内で挙げよ。


『セントラルキッチン』の意味は分りました。

セントラル…中央

キッチン…台所


C社はこれまでに取引のなかった外食チェーンY社から新規の商談を持ちかけられています。

Y社の食材の調達・加工・配達などすべての要求(セントラルキッチン)に応えられる対応を
聞かれています。

設問1では

前日までにすべての店舗の食材を加工しえる技術力、そして各店舗まで配送しえる

車両などの設備、人員、そして安全面での徹底した対応が必要になる。



設問2では

必要な材料の数、加工方法、配送ルート、各店舗の必要量…



と解答しました。

まずまずです。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 19:34| Comment(0) | 中小企業診断士