2012年12月22日

ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦い:残高証明書編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きVIVA国際ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日からいよいよ核心部となる利付債、割引債の相続税評価方法をご紹介します。

何回か前にも書きましたが、これら外国債の評価で頭を悩ませた原因は
被相続人様が利用していた証券会社が3社あり、3社の発行した残高証明書が
三社三様だったからです。


ご紹介できる範囲内で残高証明書を確認していきたいと思います。

A社が発行した残高証明書
P1020237.jpg


引き続き、B社が発行した残高証明書
P1020236.jpg

そして、B社の残高証明書の下部に以下の記述が
P1020239.JPG
丁寧に計算方法まで記載してくれています。
債券の計算方法に注目です。


この二社の発行した残高証明書を見比べて決定的な違いはどこにあるでしょうか。

一般の方には分りづらいですが

A社は発行価格

B社は時価    を使用している部分が決定的な違いです。


似たような銘柄の商品なので、一方は発行価格を使用し、
もう一方は時価を使用して財産評価額を計算するわけにはいきません。

どちらかに統一しなくては。


「けど、証券会社がそう記入しているのだからそのままの金額を使えばいいんじゃな〜い?」

このようなご意見もおありかと思いますが、A社の残高証明書には以下の記述が
P1020234.JPG

and (赤いアンダーライン部分に注目です。)
P1020238.jpg

残高証明書を利用して相続税の申告をするのはかまいませんが、
あとで何があっても…。


だから税理士の存在価値があるのです。


残高証明書編はここまで。

次回、国外財産編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:17| Comment(0) | 財産評価

2012年12月21日

ブログの時間。

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

毎回、重いネタだと書く方もなかなか大変なので今日は簡単に。

平成24年4月1日(日)にブログを開設して9ヶ月経ちます。

なんとか続いた方かと判断していますが、書くのにかかる時間は15分〜30分ほど。長い時はもう少し。
無題359.jpg

この時間を仕事に充てれば…。と考えると何とも窮屈なので角度を変えると、

モーリーは4年ほど前までタバコを吸っていました。1日2箱。

1本を吸う時間がだいたい3分程とすれば:3分×40本=120分。

なんと2時間ですよ!


一日のうち、貴重な2時間をタバコを吸うのに費やしていたと考えれば、

ブログを書く時間は楽しいものです。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:13| Comment(0) | 日記

2012年12月20日

ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦い:ディスカウント債まとめ編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きVIVA国際ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日はディスカウント債の計算方法のまとめです。

何回かディスカウント債の説明が続きましたが、
すべて国税庁のホームページに掲載されています。

そして、そこには重要な表記がありました。

この表記のおかげでディスカウント債の計算は楽でした。その表記です。


【関係法令通達】
 財産評価基本通達 5、197−2(3)、197−3(3)



以下、解説。

まず、財産評価基本通達 5 です。

(評価方法の定めのない財産の評価)
5 この通達に評価方法の定めのない財産の価額は、この通達に定める評価方法に準じて評価する。



つまり、ディスカウント債券は財産評価基本通達にきっちりハマる条文がないので、
なにかに『準じて』計算してね。と言っています。

そのなにかが財産評価基本通達197−2(3)と197−3(3)です。


財産評価基本通達197−2(3)は利付債の計算方法、

財産評価基本通達197−3(3)は割引債の計算方法。

ともに12月13日(木)、12月14日(金)にてご紹介済み。


そして最大のポイントは、利付債にしろ割引債にしろ債券の銘柄により
3通りの計算方法がありますが、国税庁のホームページでは、はっきりと
(3) と表記してあるのです。ここがとにかくポイントです。

ハッキリ表記があるので迷うことはありません。


要するに、ディスカウント債以外の利付債と割引債は

(1) (2) (3) のどれを使用して計算すればいいのか!!!

ここが今回のシリーズの最大のテーマなのでした。



ディスカウント債まとめ編はここまで。

次回、残高証明書編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:36| Comment(0) | 財産評価