2012年12月18日

山の様子

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きのブログです。

今日、TKC関係の会議が山中温泉でありました。

会議後は温泉で忘年会なので山中温泉の謀所ですが、モーリーは会議後、
忘年会には参加せずに事務所へ帰りました。

会議は午後3時から。
午前中はお客様の会社で監査がありましたので、昼食をはさみ監査先の会社様から
山中温泉を目指しますが、どう考えても午後3時よりかなり速く着きます。

なので、少し足を伸ばして我谷の吊り橋まで。
P1020219.JPG

山中温泉の繁華街を通り抜けてしばらく進むと到着します。
P1020220.JPG

山はひっそり。思ったより雪は少ないですが、登ると積もってそう。
P1020224.JPG

時間に余裕があったので大内の登山口まで探検しました。
P1020226.JPG
こちらにはけっこう積雪が。

山は当分無理ですね。

この時間は事務所も雪を被りひっそり。
P1020229.JPG


Thank you.
see you again.雪


posted by Love Earth モーリー at 23:22| Comment(0) | 登山部

ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦い:ディスカウント債の計算編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きVIVA国際ヴァモス銀行ブラジル・レアル建債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日はディスカウント債の計算方法のご紹介です。


国税庁のホームページに以下の計算方法の記載があります。
(一般の皆様には難しいです。)

ディスカウント債は割引価格で発行され、償還日までは証券会社が算出した指数によって
債券価格が上下するものの、償還日には額面で償還され、額面に対して利息がつくことから、
次の算式によって評価します。

債券の評価額=発行価額+既経過償還差益+既経過利息(源泉所得税相当額控除後)

ただし、課税時期における指数の下落を考慮する必要があるので、
課税時期現在の予想売却価格が、上記算式により計算した価額を下回る場合は、
予想売却価格によって評価して差し支えありません。



まずピンクの算式の説明です。

・購入時の価格:620豪ドル

・額面金額:1,000豪ドル

・発行日から償還日までの日数:10年

・発行日から相続開始日までの日数:200日

・保有日数:200日

・利率:年0.50%

・相続開始日の豪ドル相場:1豪ドル80円

上記の条件なら
620豪ドル+(1,000豪ドル―620豪ドル)×200日/3,650日

+1,000豪ドル(額面金額)×0.50%×200日/365日×(1−0.2)

=643.01369豪ドル

643.01369豪ドル×80円=51,441円

なお、×(1−0.2)の式は、利息から20%の源泉所得税を控除しています。


しかし、算式の後の記述に但し書きがありますので

上記の金額より『予想売却価格』が安ければそちらを選択してもいいことになります。


本日も文章が長くなりましたので、続きは明日。



ディスカウント債の計算編はここまで。

次回、予想売却価格編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:10| Comment(0) | 財産評価