2012年12月28日

国際ダイビング銀行豪ドル建債券軍団との戦い:197−2、197−3の(1)編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きグレートバリア国際ダイビング銀行豪ドル建債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日は財産評価基本通達の197−2、197−3の(1)、(2)、(3)に
記載の内容を詳しく確認していきます。

まずは(1)から。

197−2の利付債では以下の記述。

(1)上場されている利付公社債

   市場価額を基とした評価額=
 
      (最終価格+源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額)× 券面額/100円

(注1) 上記算式中の「最終価格」「源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額」は、
     券面額100円当たりの金額です。

(注2) 上記算式中の「最終価格」は、売買参考統計値が公表される銘柄として選定された
     ものである場合には、最終価格と平均値とのいずれか低いほうの金額となります。


ここで言う『最終価格』とは何でしょうか。

それは、金融商品取引所の公表する課税時期(お亡くなりになられた日)の最終価格です。


日本の金融商品取引所で最終価格を公表している債券銘柄はごくわすかでした。

どこかで確認できたはずですが、どこだったか思い出せませんので
見つけたらまたご紹介いたします。


で、この金融商品取引所に今回の相続事案の様な外国債券が上場されていたかと言いますと

『ありません』でした。

では、同じように外国債券の発行国の取引所には上場登録されているのでしょうか。
ここは調べる必要はありませんでした。

以前にアップした証券会社よりの残高証明書。
P1020237.jpg

上場区分は『非上場』です。


ちなみに、割引債も(1)は最終価格を使いますので、意味合いは同じです。

【財産評価基本通達197−3】

(1)上場されている割引公社債

   市場価額を基とした評価額= 最終価格 × 券面額/100円




これで(1)は消えました。



197−2、197−3の(1)編はここまで。

次回、197−2、197−3の(2)編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:30| Comment(0) | 財産評価