2013年01月14日

鞍掛山登頂プロジェクト2013第2弾:天そば編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は仕事をしていましたが、なかなかテンションが上がらず厳しい一日です。

それでも引き続き、鞍掛山へのアタックの模様をお伝えいたします。

現在の位置は、鞍掛山の最大の難所、急峻な岩稜帯迫る山頂まで残り700m地点!
P1020709.JPG

徐々に木の根が少なくなると…
P1020711.JPG

左右が切れ落ちた(30cmほど)急峻な岩稜帯が現れます。要注意。
P1020712.JPG

あわてず焦らず乗り切ります。
P1020746.JPG

フィックスロープ。元日に比べれば雪がぜんぜん少ない。
P1020718.JPG

あとは山頂直下のつづら折りを4、5回折り返せば頂上です。
P1020724.JPG

とにもかくにもまず白山。
P1020727.JPG
ナイスです。


元日に引き続き、

標高478m。

Love Earth モーリー。鞍掛山登頂、成功!

ナイスアタック!

P1020732.JPG
山頂には2組4名、途中で追い抜いた1組2名と賑わっています。


頂上の気温が9℃。今日は暖かいほうでしょう。
P1020740.JPG

ここでいよいよカップ麺登場。前回購入したマグボトルでいけるでしょうか。
P1020733.JPG

待つこと3分程。うまそう。
P1020735.JPG

チンチンとはいきませんが、十分満足です。
P1020737.JPG

午後1時19分。下山です。GPSの標高もほぼ来ています。
CIMG3588.JPG

避難小屋をチラ見します。1組7名の方がいました。とにかく人気があります。
P1020742.JPG


天そば編はここまで。

次回、時間ですよ編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:13| Comment(0) | 登山部

2013年01月13日

鞍掛山登頂プロジェクト2013第2弾:Beautiful Sunday編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

人によっては昨日から3連休。

モーリーは本日のみ休みの予定。

今日は一日曇りの模様。と思っていたら晴れてきた。
P1020694.JPG


ということで今年2回目の鞍掛山。今回も恒例のタイトルコールから早速イッテみよう。


”Love Earth モーリー
 鞍掛山登頂プロジェクト2013第2弾
  今夜は2時間スペシャル!
   この後、完全公開”


午後12時12分に登頂開始です。
CIMG3585.JPG

天気も良く気温もそんなに寒くないので、第1駐車場はほぼ満車。
P1020695.JPG

コースの雪も序盤この程度。元日とまるで違い歩きやすい。
P1020696.JPG

今回も西ノ谷登山道を登ります。
P1020697.JPG

すでに土が見えます。
序盤、歩きやすいですが、雪が踏み固められた部分はツルツル滑ります。
P1020698.JPG

前半最初の急斜面です。舟見平ももう間近。
P1020702.JPG

小松ドーム。今日は視界良好。山頂で白山見れそうです。
P1020705.JPG

舟見平到着。いっぷくです。
P1020706.JPG

ここまで来るのに26分程。
CIMG3587.JPG

本日の服装

上:肌着のTシャツ、ヒートテックの長袖、緑のウールシャツ

下:加圧サポーター、山用ズボン

これでも登山中は熱い熱い。


バックに見える鞍掛山の山頂目指し、再び出発します。
P1020707.JPG

楽しい登山はつづきます。今日は雪も少ない。
P1020708.JPG


Beautiful Sunday編はここまで。

次回、天そば編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:33| Comment(0) | 登山部

2013年01月12日

MSトルコ・リラ建ステップアップ債券軍団との戦い:相続税法の時価編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きMSトルコ・リラ建ステップアップ債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日は相続税法の時価について確認してみます。


相続税の計算は被相続人様がお亡くなりになられた時点で
どれだけ財産をもっていて、それがどれだけの金額になるのか
評価するところが重要になります。

そして、その評価方法が財産評価基本通達で決められてはいるのですが、
基本的にはお亡くなりになられた日の時価で評価するのが本来は一番正しいと思います。


相続税法でもそう謳っています。

(評価の原則)
第二十二条  この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の
価額は、当該財産の取得の時における時価により、当該財産の価額から控除すべき債務の金額は、そ
の時の現況による。



そうです。時価⇒売ったらいくら


財産評価基本通達では時価とは斯様(かよう)なものと記載しています。


(評価の原則)
1 財産の評価については、次による。(平3課評2−4外改正)

(1) 評価単位
 財産の価額は、第2章以下に定める評価単位ごとに評価する。

(2) 時価の意義
 財産の価額は、時価によるものとし、時価とは、課税時期(相続、遺贈若しくは贈与により財産を
取得した日若しくは相続税法の規定により相続、遺贈若しくは贈与により取得したものとみなされた
財産のその取得の日又は地価税法第2条《定義》第4号に規定する課税時期をいう。以下同じ。)に
おいて、それぞれの財産の現況に応じ、不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合に
通常成立すると認められる価額をいい、その価額は、この通達の定めによって評価した価額による。

(3) 財産の評価
 財産の評価に当たっては、その財産の価額に影響を及ぼすべきすべての事情を考慮する。



昨日のブログでご紹介した証券会社が発行した残高証明書に記載の時価も
証券会社で売り買いするためのれっきとした時価です。



一般の皆様にはなかなか難しい内容が続きますが、
あす、いよいよモーリーが選択した評価方法をご紹介いたします。



相続税法の時価編はここまで。

次回、決断の時、来る編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:17| Comment(0) | 財産評価