2013年01月12日

MSトルコ・リラ建ステップアップ債券軍団との戦い:相続税法の時価編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続きMSトルコ・リラ建ステップアップ債券軍団との戦いをご紹介いたします。

本日は相続税法の時価について確認してみます。


相続税の計算は被相続人様がお亡くなりになられた時点で
どれだけ財産をもっていて、それがどれだけの金額になるのか
評価するところが重要になります。

そして、その評価方法が財産評価基本通達で決められてはいるのですが、
基本的にはお亡くなりになられた日の時価で評価するのが本来は一番正しいと思います。


相続税法でもそう謳っています。

(評価の原則)
第二十二条  この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の
価額は、当該財産の取得の時における時価により、当該財産の価額から控除すべき債務の金額は、そ
の時の現況による。



そうです。時価⇒売ったらいくら


財産評価基本通達では時価とは斯様(かよう)なものと記載しています。


(評価の原則)
1 財産の評価については、次による。(平3課評2−4外改正)

(1) 評価単位
 財産の価額は、第2章以下に定める評価単位ごとに評価する。

(2) 時価の意義
 財産の価額は、時価によるものとし、時価とは、課税時期(相続、遺贈若しくは贈与により財産を
取得した日若しくは相続税法の規定により相続、遺贈若しくは贈与により取得したものとみなされた
財産のその取得の日又は地価税法第2条《定義》第4号に規定する課税時期をいう。以下同じ。)に
おいて、それぞれの財産の現況に応じ、不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合に
通常成立すると認められる価額をいい、その価額は、この通達の定めによって評価した価額による。

(3) 財産の評価
 財産の評価に当たっては、その財産の価額に影響を及ぼすべきすべての事情を考慮する。



昨日のブログでご紹介した証券会社が発行した残高証明書に記載の時価も
証券会社で売り買いするためのれっきとした時価です。



一般の皆様にはなかなか難しい内容が続きますが、
あす、いよいよモーリーが選択した評価方法をご紹介いたします。



相続税法の時価編はここまで。

次回、決断の時、来る編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:17| Comment(0) | 財産評価