2013年03月23日

猿山登頂プロジェクト:Love the Earth & Love the 猿山編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き猿山登頂の模様をお伝えいたします。

現在の位置は猿山登山の分岐点、F地点!
P1030227.JPG
猿山岬灯台まで行きたいところですが、すでに2時30分になりましたので
諦めて猿山山頂へこのままアタックです。

整備された道を進むとG地点に到着します。
P1030265.JPG
ここで左に曲がれば再び雪割草群生地なのですが、いかんせん時間が。
寝坊さえしなければ…。もったいない。

ベンチがありますのでいっぷくも可能。ここは門前町です。
P1030266.JPG

先行者発見。
P1030267.JPG

と言っているうちに着いたみたい。
P1030268.JPG

三角点ゲット!
P1030270.JPG


久々ですが、

標高332.5m。

Love Earth モーリー。猿山登頂、成功!

ナイスアタック!

P1030271.JPG

若干、コンデジのGPSがずれているようです。時刻は午後2時47分。
CIMG3607.JPG

ひと息ついたところで、登って来た道を引き返します。
P1030272.JPG

再び雪割草群生地へ。
P1030287.JPG
綺麗です。

こちらもグッド!
P1030288.JPG

フキノトウもそこかしこに。春です春です。
P1030291.JPG

山頂での眺望はさほどでもありませんでしたが、猿山は想像以上に楽しい山でした。

とにかく雪割草が綺麗。

海も見えます。

今日は天気も最高でした。

コースも歩きやすく整備されています。

そうです。そうなのです。

たのしい楽しいシーズンが到来しました。

P1030318.JPG



Love the Earth & Love the 猿山編はここまで。

次回、激渋銭湯ワールドツアー第2弾編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:08| Comment(0) | 登山部

2013年03月22日

猿山登頂プロジェクト:新しい季節編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き猿山登頂の模様をお伝えいたします。

現在の位置は最初の雪割草群生地でありますI地点。をやや過ぎたところ。
P1030227.JPG
いったん雪割草は現れなくなります。

が、次に登場したのが簡易避難小屋。ナイス。
P1030234.JPG

今度は何の実でしょうか?
P1030236.JPG

中盤から木の橋が次々に現れます。その1
P1030238.JPG

その2
P1030239.JPG

その3と次々に。
P1030240.JPG
思った以上に歩きごたえがあるコースです。

再びツバキ登場。
P1030244.JPG
しかし、ツバキはそろそろお役御免で新しい季節の植物があちらこちらに登場します。

フキノトウでしょうか。
P1030247.JPG

最高の天気の下、木立の間を抜けて行きます。
P1030250.JPG
1月から年末調整、そして確定申告と続きずっと忙しかったですが、
気付けば、もう季節は春でした。


案内看板が見えてきました。
P1030254.JPG

猿山灯台を見物して皆月まで進み、そこから再び登頂を始め猿山へ登るのが一番なのですが、
越冬後最初のアタックで体力に若干の不安が。また、本日は少々寝坊して時間的に厳しい部分も
ありますので、灯台は次回のお楽しみに。
P1030255.JPG
このまま一気に猿山の頂上を目指し進みます。

と思ったのですが、すぐ左に見晴らしのよさそうなところが。
P1030258.JPG

能登の綺麗な海をバックにここで記念撮影です。
P1030262.JPG

再び頂上を目指します。
P1030257.JPG


新しい季節編はここまで。

次回、Love the Earth & Love the 猿山編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:27| Comment(0) | 登山部

2013年03月21日

猿山登頂プロジェクト:雪割草群生地編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き猿山登頂の模様をお伝えいたします。

本日はとある宴席があり、すでに酔っておりますのでほどほどに。


最初の急斜面を登り切り、木場、ブルーシートを越えるといよいよ雪割草が登場します。

が、その手前に難所、クサリ場。
P1030221.JPG
と言っても大したことありません。

次に崩落地点。
P1030222.JPG

ロープでコースが整備されていますので登りやすいことこのうえなし。
P1030224.JPG

雪割草の看板。そろそろですか。
P1030225.JPG

そう、今はI地点。雪割草群生地の中です。
P1030227.JPG

なんと可憐な。なんといとおしい。
P1030230.JPG

こちらはホワイト雪割り。
P1030232.JPG
雪割草が咲いているのは4月上旬くらいまでらしいです。

ここも毎年恒例の場所になりそうです。



雪割草群生地編はここまで。

次回、新しい季節編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 20:49| Comment(0) | 登山部