2013年04月19日

リーマンショックをぶっ飛ばせ! 経営革新等認定支援機関向け施策説明会:またまた認定支援機関に期待する役割と関与編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

リーマンショックをぶっ飛ばせ!シリーズでは創業系補助金の制度の解説までが

終わりましたが、どの施策にも認定支援機関に期待する役割と関与まで説明がありました。

今回の創業系補助金では以下の3点です。

1.起業家への情報発信

2.事業計画策定支援

3.事業計画実行支援


どれもその内容はだいたい理解していただけると思いますが、1番だけ詳細を説明いたします。

1番の起業家への情報発信として2点、例示がありました。

・日ごろから培ったネットワークを活用して、本補助金の情報を発信してください。

・本補助金により、起業・創業に向けて一歩踏み出せるような起業家を見つけ出してください。


とにかく、起業の意思のある人を探し出すことが重要です。

タイミング良く補助制度が利用できれば最高の船出になるでしょう。

周知は大切です。

それと、起業したい方の思いや執念が情報を引き寄せます。

運も必要でしょう。

とにかくモーリーはどんどん情報発信したいと思います。



またまた認定支援機関に期待する役割と関与編はここまで。

次回、小規模事業者活性化補助金編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 09:04| Comment(0) | 税理士

2013年04月18日

岩倉山登頂プロジェクト:見どころ満載!曽々木海岸編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

岩倉山も無事、登頂成功です。時刻は午後2時44分。
CIMG3730.JPG
1時間少々で登れました。

下山は早かったです。
頂上付近の電波塔や、
P1040062.JPG

物見山展望台へ寄り道しても午後3時前には下山できました。
P1040076.JPG

今は現在地。
曽々木海岸奥の登り口から千体地蔵へ。そこからいったん引き返しての
岩倉寺経由での登頂。
P1040092.JPG
どういうコースを辿ったか想像していただけると思います。

時間的に余裕が出ましたので、登山前に怪しい案内看板があった地点まで。
P1040097.JPG
「恋をかなえるせっぷんとんねる」を目指します。

あのトンネル(通行止め)の
P1040098.JPG

脇にもう一つトンネルが
P1040100.JPG

冒険の香りがします。
P1040101.JPG

最初のトンネルを過ぎると再び案内番。
P1040104.JPG

次のトンネルに中に怪しい電光が…。
P1040107.JPG

トンネルのまだ先にルートが続いていました。
P1040109.JPG

今日は風が強く波にも勢いがあり少々怖い。
P1040113.JPG
まだ道は続いていましたが、危険なため引き返します。

すると、ナナなんと!
P1040114.JPG
あの電光!帰りに見るとハートマークになっていました。

この後さらに北上すると…。
P1040120.JPG
垂水の滝。素晴らしい!

帰りには道の駅で止まり千枚田見物。
P1040132.JPG
これまた素晴らしい。


こちらが本日登った岩倉山。
P1040072.JPG
まんで楽しかった春の一日でした。

窓岩ナイス!

曽々木海岸ナイス!!

のと里山海道ナイス!!!


岩倉山登頂プロジェクト おわり


PS.明日から新シリーズに突入します。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 23:58| Comment(0) | 登山部

2013年04月17日

リーマンショックをぶっ飛ばせ! 経営革新等認定支援機関向け施策説明会:なんか違うね編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、リーマンショックをぶっ飛ばせ!の連載もがんばっていきます。

前日は創業系補助金を利用する際、金融機関からの融資が必要で、

金融機関も限定列挙で補助金の要項に記載がありました。

良く見るとよく見ると…。

保険会社や証券会社が記入されていないのはいいのですが、ナナなんと!

政府系金融機難がありません!

都銀も記載がありません!

ナナなんと!ナナなんと!!!

この驚愕、サイのごとし〜〜〜!
P1030778.JPG
半端ね〜でかさ。



補助金の条件に融資を必須にしているのは、銀行の貸し出しを増やしたいとの

裏キーワードが込められているから。

政府系や都銀を入れなかったのは、中小企業向けの貸し出しを増やしたかったから。

金融機関は貸し出せる資金余裕はあるのですが、不景気で中小企業の成績も悪く

貸したくても貸せない状況でした。

そこに補助金を付ければ貸し出しのリスクも減るという構図。


アベノミクス恐るべし。

よくよく調べていくと、ほんと、中小企業の救済策が至る所に。

安倍総理、ありがとう。



なんか違うね編はここまで。

次回、またまた認定支援機関に期待する役割と関与編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:32| Comment(0) | 税理士