2013年05月19日

荒島岳登頂プロジェクト:荒島岳の宿「民宿林湊」編

How are you? I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月4日(土)、5月5日(日)にゴールデンウィークを利用して
福井県の山に登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、無事に荒島岳登山を終えて本日のお宿に向かう途中に
チラ見した4時間に1本ペースでしか来ない勝原駅を出発した電車!!!
の見える地点。
P1040727.JPG
なんと偶然な!なんとラッキ〜な!!!4時間に1本やぞ〜〜〜〜〜。

そしてこの風情。たまりません。本日最大のアトラクションはお泊りする民宿。
P1040752.JPG
そのすぐそばの勝原駅の風景です。

そして案内看板通り進んで無事到着。

本日最大にして最高のスポット。ここに泊まるために荒島岳を選択したようなもの。

荒島岳登山の駐車場より車で200〜300mで到着。

超絶2013スーパースペシャル「民宿林湊」!!!
P1040749.JPG
写真撮影の許可を頂きましたので、この後完全公開いたします。

車を止める音で気付いたと思いますが、おかみさんが迎えてくれました。
P1040842.JPG
「風呂沸かしといたから入りなされ。」

玄関からいよいよスタート。
P1040748.JPG

山小屋泊まりの場合、風呂はまず無理。本日は温泉ではありませんが超最高です。
P1040729.JPG
風呂からあがり部屋に戻るとお茶が。この気配りがたまりません。

しかし、今日はお泊りなのでお茶よりビ〜ル。登山後のビ〜ルは最高です。
P1040736.JPG
モーリーの泊まったお部屋を出て食堂へ行き注文します。

ビ〜ルを部屋まで運んでくれました。
P1040732.JPG
ではいただきます。「うめ〜〜〜〜〜!」

大瓶で500円なので良心的です。

ムムム。このラベルを見て何か思い出したような。
P1040735.JPG
この作戦はコーズリレイテッドマーケティング?

いや違う。グリーンなんとかかんとかというマーケティング手法だったはず。

環境に優しい企業ですとアピールすることで好感を得る作戦だったはず。

そう、中小企業診断士試験の勉強で出てきました。

そう、今更ながら思い出しました。今年はまだ勉強しとらんぞ〜〜〜。ヤベ!!

ビールはあっという間に飲みほしたので、いよいよ館内をご紹介。
P1040739.JPG
「岳」もありましたが、晩飯食べたら熟睡でしょう。

つぎはみつを。
P1040741.JPG
「みつお」ではなく「みつを」なのがポイント。

いろいろなミニチュア。
P1040742.JPG
関連性がないところがナイスです。あったりして。

天国に旅立った岩魚たち。かなりおっきいのもあります。
P1040745.JPG
ややピンボケしたのが残念。

玄関の入りたてスペース。
P1040746.JPG
お寺のにおいがしました。

小学校の時に習字を習いにお寺に通っていた時とおんなじにおいで懐かしい。

もともとは農家だったところを改装したようです。
P1040747.JPG
ふすま一枚で隣と仕切ってある部屋もありました。

晩飯にはまだ早いので散歩でもしますか。
P1040744.JPG
部屋の中にテレビはなく、置いてあったのはここだけでしたが不便は全くありませんでした。



荒島岳の宿「民宿林湊」編はここまで。

次回、お見事!勝原園地の八重桜編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:09| Comment(0) | 登山部

2013年05月18日

荒島岳登頂プロジェクト:荒島ショック!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月4日(土)、5月5日(日)にゴールデンウィークを利用して
福井県の山に登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、すでに折り返しに入った下りのシャクナゲ平!
P1040681.JPG
小荒島岳は諦めました。

一服したら再び下山開始です。
P1040683.JPG

この雪が積もったゾーンから通常の山道に切り替わる場所で一瞬、道を見失いました。
P1040685.JPG
落ち着いて、落ち着いて。

見事なブナ林ですが、辺りはひっそり。
P1040688.JPG
そして、いつの間にか曇ってきました。まだ正午を少し過ぎたくらいです。

山の天気は分りませんな。やはり午前中が勝負です。

トトロの木までも早い早い。
P1040695.JPG

ゆるゆると花でも写しながら下山。
P1040697.JPG
良くあたりを見渡せば、ところどころに花が咲いていました。

もうリフト終点まで来ました。登った時と違って静かです。
P1040701.JPG
ここで雨がポツリポツリ。カッパを着用しザックカバーを装着しましたが、ほどなく止みました。

下りのリフト終点で午後1時38分。
CIMG3792.JPG
登山開始から6時間半が経過。

ではもうひと踏ん張りして駐車場まで。
P1040703.JPG

黄色い花と九頭竜川のコントラストが最高です。
P1040705.JPG
イワナが釣れます。

リフト終点から下にはけっこう花が咲いていました。
P1040707.JPG

舗装道路まで辿りつきます。
P1040713.JPG
リフト終点からの下りがきつかった。トレーニング不足を痛感しています。

駐車場に到着。半分ほどになっていますがまだ下っている途中の方も多そう。
P1040720.JPG
それにしてもきっかった〜。ちょっと軽く見ていましたがなかなか手ごわい。

ここでの体験を反省の糧に、トレーニングをまた始めなければ。
CIMG3795.JPG
下山時刻は午後2時20分なので合計7時間20分。標準タイムをはるかにオーバーでした。


ちくしょ〜!また登っちゃる。


それでも駐車場わきに綺麗な花が。
P1040723.JPG
鮮やかなピンクです。

九頭竜の渓谷も堪能したら。
P1040724.JPG
いよいよ2013年のゴールデンウィーク、福井県遠征スペシャルの最大の目玉!

最高のアクティビティ!!!

本日のお宿目指して出発です。

P1040726.JPG



荒島ショック!編はここまで。

次回、荒島岳の宿「民宿林湊」編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 17:39| Comment(0) | 登山部

2013年05月17日

荒島岳登頂プロジェクト:炸裂する鉄のスパイク編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月4日(土)、5月5日(日)にゴールデンウィークを利用して
福井県の山に登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、荒島岳山頂。昼飯食って満腹満腹!
CIMG3786.JPG
30分ほど滞在して、いよいよ下山します。

下山は勿論、登ってきたコースを下りますので雪の上を少し歩くことになります。

登りの時も少し滑りながら登りましたので、下りは慎重に進まなければ。

そう、本日泊まる宿に宿泊の電話をした時、宿のおかみさんが

「軽アイゼンくらいはあった方がいいよ。」とのアドバイスを受けました。

5月4日(土)の記事をご確認ください。

5月2日(木)に予約をしたあと慌てて向かった先は羽咋。
P1040645.JPG
このニューアイテムを購入するために。

そう、新兵器A。「オクトス」

袋の中身はこれ。
P1040647.JPG

そして装着。
P1040651.JPG
思ったより簡単に付けることができました。

お名残惜しいですが、今日はこれで降ります。
P1040652.JPG
いつまでも眺めていたい。

では下山開始。
P1040656.JPG
足に付けたのは言うまでもありません。鉄のスパイク、アイゼン!

この急斜面の下りも安心です。
P1040657.JPG
10本の爪が雪をつかんで離しません。

前を行くあの兄ちゃんをこの後、軽くぶち抜きました。
P1040659.JPG
その高性能ぶりが炸裂しています。

ツルンと行ったら。
P1040660.JPG
ア〜〜〜、です。

しかし、大丈夫。大丈夫過ぎてあっという間に積雪地帯を抜けてしまいました。

雪のないコースではもはや自然破壊です。
P1040662.JPG
サッと脱着、しているうちのさっきの兄ちゃんに抜かされます。

後片付けが大変。
P1040663.JPG

小荒島岳まで行きたいのですが、体力と時間がもたなそう。
P1040666.JPG
コースも知らないので、雪のない時にまた来ましょう。

もちが壁は下りもきつかった。
P1040665.JPG

雪解け水でコースは沢状態に。
P1040674.JPG
それでも下りは早い早い。

あっという間にシャクナゲ平。
P1040678.JPG
ここで一服です。



炸裂する鉄のスパイク編はここまで。

次回、荒島ショック!編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:57| Comment(0) | 登山部