2013年05月17日

荒島岳登頂プロジェクト:炸裂する鉄のスパイク編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月4日(土)、5月5日(日)にゴールデンウィークを利用して
福井県の山に登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、荒島岳山頂。昼飯食って満腹満腹!
CIMG3786.JPG
30分ほど滞在して、いよいよ下山します。

下山は勿論、登ってきたコースを下りますので雪の上を少し歩くことになります。

登りの時も少し滑りながら登りましたので、下りは慎重に進まなければ。

そう、本日泊まる宿に宿泊の電話をした時、宿のおかみさんが

「軽アイゼンくらいはあった方がいいよ。」とのアドバイスを受けました。

5月4日(土)の記事をご確認ください。

5月2日(木)に予約をしたあと慌てて向かった先は羽咋。
P1040645.JPG
このニューアイテムを購入するために。

そう、新兵器A。「オクトス」

袋の中身はこれ。
P1040647.JPG

そして装着。
P1040651.JPG
思ったより簡単に付けることができました。

お名残惜しいですが、今日はこれで降ります。
P1040652.JPG
いつまでも眺めていたい。

では下山開始。
P1040656.JPG
足に付けたのは言うまでもありません。鉄のスパイク、アイゼン!

この急斜面の下りも安心です。
P1040657.JPG
10本の爪が雪をつかんで離しません。

前を行くあの兄ちゃんをこの後、軽くぶち抜きました。
P1040659.JPG
その高性能ぶりが炸裂しています。

ツルンと行ったら。
P1040660.JPG
ア〜〜〜、です。

しかし、大丈夫。大丈夫過ぎてあっという間に積雪地帯を抜けてしまいました。

雪のないコースではもはや自然破壊です。
P1040662.JPG
サッと脱着、しているうちのさっきの兄ちゃんに抜かされます。

後片付けが大変。
P1040663.JPG

小荒島岳まで行きたいのですが、体力と時間がもたなそう。
P1040666.JPG
コースも知らないので、雪のない時にまた来ましょう。

もちが壁は下りもきつかった。
P1040665.JPG

雪解け水でコースは沢状態に。
P1040674.JPG
それでも下りは早い早い。

あっという間にシャクナゲ平。
P1040678.JPG
ここで一服です。



炸裂する鉄のスパイク編はここまで。

次回、荒島ショック!編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 23:57| Comment(0) | 登山部