2013年06月05日

立山一ノ越登頂プロジェクト:雪の大谷編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月15日(水)に一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の
皆さんと雪の立山へ登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、念願の雷鳥さんにも出会えたことなので、そろそろ昼飯でも。
の一ノ越山荘!!!ピンボケしてしまった。
P1050338.JPG
一ノ越山荘前の踊り場は遮るものがなく、今日の風で寒い寒い。山荘中に撤収です。

カップ麺は一ノ越山荘で購入。うまそうなサンドウィッチはもちサンダーバード産!
P1050341.JPG
ザックの中で荷物に押されて縮んでいましたが、メッチャうまいです。

昼飯ごひと息入れたら出発です。
P1050342.JPG
素晴らしい景色が広がっています。黒部湖側。

雄山まで行けそうです。歩くコース部分は雪がありません。
P1050345.JPG
しかし、今日は風が少し強いので一ノ越まで。

実は、個人的にもこれ以上の登頂は無理っぽかった。

そうです。まだ荒島ショックを少し引きずっていました。

荒島岳厳しかった。リベンジせねば!


ということで、今日はここが山頂です。



標高2,700m。

Love Earth モーリー。立山一ノ越登頂、成功!

ナイスアタック!


CIMG3824.JPG
指が写り込んでしまい少し怖い。


では下山いたしましょう。
P1050347.JPG
今日はこの後も見どころ満載です。

それにしても素晴らしい。
P1050350.JPG
神聖な場所です。

空の青と雪の白のコントラストが最高です。
P1050359.JPG

ゆるゆる行進します。
P1050361.JPG
下りは楽。

ではここで記念撮影。立山をバックに。
P1050363.JPG
いいね。

無事下山。
P1050366.JPG
天気がますます良くなります。

室堂で一息。登山部の方にお湯を頂きました。
P1050370.JPG
ありがとうございます。

では、本日ふたつ目のスポットへ。
P1050371.JPG
わくわくします。

この辺はまだまだ序の口ですな。
P1050378.JPG
どんどん雪の壁が高くなります。

7℃よりはあったかかったはず。
P1050380.JPG

この辺りがマックスっす!
P1050390.JPG
いや〜。素晴らしい。

それにしても、なんちゅう楽しい一日じゃ。
P1050393.JPG
ではそろそろひとっ風呂でもいい気分(温泉)



雪の大谷編はここまで。

次回、ミクリガ池温泉編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 21:38| Comment(0) | 登山部

立山一ノ越登頂プロジェクト:雷鳥編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年5月15日(水)に一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の
皆さんと雪の立山へ登るべく遠征した模様をお伝えいたします。

現在の位置は、いよいよ一ノ越山荘が近づいてきたところでいろんなところからギュルギュル
泣き声がする付近!
P1050296.JPG
そうです。この音は雷鳥の鳴き声でした。

いろんなところから聞こえてきます。

どこだ!
P1050301.JPG

どこだ!
P1050306.JPG

なかなか見つかりませんでしたが、ついに雷鳥さんとご対面です。
P1050308.JPG
感動です。

あまりにも天気が良すぎて照り返しが強く、コンデジの液晶が見えません。
P1050311.JPG
おおよその位置を予想して連写。

雷鳥さんと記念撮影。
P1050315.JPG
立山をバックに思い出に残る一枚。

そうこうしていると、もう一羽近寄ってきて縄張り争いを始めました。
P1050318.JPG
二羽写っています。

こちらも。
P1050319.JPG
なんと幸運な。

雷鳥さん。ありがとう!
P1050323.JPG
満喫。

そして一ノ越に無事到着。
P1050328.JPG
雪がなければ1時間くらいで着くそうですが、今日はそこそこかかりました。

結構人がいます。スキーやスノボを担いでいる人が多かった。
P1050329.JPG

黒部湖側です。見えませんでしたが素晴らしい景色。
P1050333.JPG
向こう側にもいつか行ってみたい。

記念撮影をして。
P1050334.JPG
昼飯です。



雷鳥編はここまで。

次回、雪の大谷編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 01:12| Comment(0) | 登山部