2013年08月02日

大倉岳登頂プロジェクト:行くなチャカポコ、戻れチャカポコ編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年7月14日(日)に小松の大倉岳へアタックした模様をお伝えいたします。

現在の位置は、いよいよてくてくコースから下山開始!
P1070364.JPG
2.1kmなら楽勝だなどと、この時点ではすでに犯してしまった失態にまだ気付かず。

後々大変なことに。

それでも、コース自体はなかなか。
P1070369.JPG
景色もGOOD!

こちら側にも標識看板があり安心して下山できます。
P1070371.JPG
ロッジまでは近いでしょう。

そ〜りゃ、そ〜りゃといつもの勢いで進みます。
P1070373.JPG
もう半分まで来ました。

この辺りで広い踊り場あり。視線の先にはリフトの設備が。
P1070377.JPG
ここのスキー場は冬、稼働しているのでしょうか?

少し休憩を入れて再び行進!なんとなく付いている道を下ります。
P1070387.JPG
道中の花は今一つ。

そしてロッジが見えてきました。早い早い。
P1070389.JPG
ここまでくれば安心です。

そういえば道中、車のタイヤ音が何度も何度も聞こえてきました。
走り屋さんたちが山道を走っているのかと思っていましたが。
P1070391.JPG
スキー場の駐車場を借りきってジムカーナを行っていました。

まぁ、それはともかく無事下山。
P1070406.JPG
コンクリート敷きのコースを見ると思いだすのは勿論、荒島岳!!!

そして見上げたスキー場に踏み跡があります。
P1070399.JPG
きっとあそこがわくわくコースなのでしょう。今度挑戦です。

現在の時刻は午後2時50分。
CIMG3993.JPG
楽なコースでしたが、それでも一時間近くかかりました。

そしてあとは車道を30分程歩けば駐車場まで到着します。

ここで念のため帰りのコースを確認すべくロッジで働いておれられた方に
持参した地図を見せて確認したのですが、なぜか話がかみ合わず。

ん〜。ちょっと変だな。

しかし、ゲレンデを無事降りて来たし、後は川に沿って車道を30分すすむだけ。

では再び行進開始!


ジムカーナーを一時中断いただきスキー場の駐車場を無事通過。
P1070410.JPG
残りは車道ですが気を付けて帰りますよ〜!

そしてこの後、いつまでも終わらない車道歩きが始まります。



行くなチャカポコ、戻れチャカポコ編はここまで。

次回、犯してしまったミスとただただ感謝m(_ _)m編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:05| Comment(0) | 登山部