2013年08月12日

大日山登頂プロジェクト:厳重警戒レベルMAX編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年7月21日(日)に加賀の大日山へアタックした模様をお伝えいたします。

現在の位置は、下山が始まり大日小屋を少し過ぎた辺り!
P1070678.JPG
こんなにいい天気なのに誰ひとりとも遭遇しない大日山。

まさに恐怖です。膝にかかる負担が大きいですが、とにかくペースをあげて進みます。

コースは登りと同様。どこから出てきてもおかしくありません。
P1070684.JPG
クマ鈴乱れ打ち&精神を研ぎ澄まして行動します。

大日小屋を過ぎたあたりは登っていた時もいろんな鳥が鳴いていてうるさいうるさい。

過去に聞いたことのない大合唱状態。

それだけ山奥まで来ているということです。

そして時折のぞく綺麗な空。
P1070688.JPG
7月21日(日)はまだ梅雨明けしていませんでしたが、すでに夏ですな。

そしてまた長い長いブナ林。
P1070690.JPG
ただしストレートが長く遠くまで見渡せるコースなので、

コーナーの入り口でスピードを下げ特に大きく鈴を鳴らし、

コーナーを回ってやつがいないことが確認できればストレートを思い切り飛ばして

スピードを稼ぎます。

それにしても、なぜ誰にも会わないのか不思議でなりません。

大日山はそこそこ人気がある山なのに。

などと嘆いていてもしょうがありません。

今までで最高に神経を研ぎ澄ませます。



必死で降りてきたせいか早くも中又谷覗に到着。
P1070691.JPG
半分以上は下山しましたが、まだまだ気は抜けません。

下りの中又谷覗で午後1時8分。
CIMG4034.JPG
大日小屋を午後0時4分に出発しているのでかなりのペース。

では、もう一息踏ん張りましょう。
P1070693.JPG
コースは平坦になっていますが、登山口近くで最後の急斜面を迎えます。

沢の音が大きくなったところで視認できるところまで来ました。
P1070696.JPG
いよいよ急斜面。気を引き締めて臨みましょう。

見えた!登山口の立て札。
P1070698.JPG
その時でした…。

決して気を抜いたわけではありませんが、石の上で滑り体制を立て直すためストックに
全体重をかけました。
P1070699.JPG
尻餅をついただけで済みました。しかし…。

Black Diamond真っ二つ!!!
P1070738.JPG
愛用のストック、右側(Right)の3段目をやられました。2弾目も湾曲し使用不能。

ショックアブソーバーもついているストックをいとも簡単に破壊されました。

大日山、恐るべし。

それでも怪我なく済んで良かったです。

修理に3,200円ほどかかりましたが安いもんでしょう。

アクシデントはいつも下りで起こる。教訓にします。

今日も徳助新道から下っていればこれくらいでは済まなかったかもしれません。

徳助ノ頭からの下りは池洞新道より厳しいらしいです。


フゥ〜、なんとか下山成功。
P1070700.JPG
ただし、一番怖いのはこの登山口から駐車場までです。

ここここ。ここが一番怖かった。
P1070701.JPG
小走りでコースを進めば、緊張もやっと解けててきました。



厳重警戒レベルMAX編はここまで。

次回はいよいよ最終回 Beautiful Sunday in 大日山編もお楽しみに。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:43| Comment(0) | 登山部