2013年09月27日

富士山登頂プロジェク:3,000m OVER!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月13日(火)、14日(水)に
日本最高峰!富士山に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、七つ目の山小屋、東洋館!
P1090435.JPG
七合目ともこの辺りでお別れになります。

どこで写したか忘れてしまいましたが、鳥居荘を出発して16分経過。
CIMG4200.JPG
標高はすでに2,949m。 すす、すごい!

落ち着いて辺りを見るとライトの明かりはまだわずか。
P1090437.JPG
なのですが、前後左右は人の波でした。

そしてついに…
CIMG4201.JPG
ふと視線を移した先のコンデジのGPSの標高がついに3,000mを越えてきました。

そのまま八合目ゾーンに突入。
P1090438.JPG
ここから先はマジで注意しながら登らねければなりません。

いつ高山病が襲ってくるか分らないのです。
P1090439.JPG
と言っているそばから太子館さん到着。

そういえば行きのバスの中で添乗員さんが言っていました。

吸う酸素はあまり効かないけれど食べる酸素はそれなりに効果がありますよ。

もってきた方はもう食べてもいいとこまで来ました。と。

食べる酸素はサンゴを原料に作っているようで、胃の中で酸素を出すようです。
P1090441.JPG
モーリーは何も持参してきませんでしたが、度肝を抜かれる標高が続きます。

もう少し登れば槍ヶ岳や奥穂高岳を越えてきます。 富士山すげぇ〜ぜ!
P1090442.JPG
下手すればここのお世話になること間違いない。

それでもまだまだ登りは続きます。
P1090444.JPG
いろんな国から登りにこられているようです。いろんな言語が飛び交っていました。

そろそろヘッデンの数が増えてきましたが、それでもまだまだ。
P1090446.JPG
どうやら順番に山小屋からぞろぞろ出てきているようです。

そして9番目の山小屋、蓬莱館さんです。
P1090448.JPG
夜なので景色撮影できず。看板の映像でご容赦ください。

ここでいよいよ槍ヶ岳と肩を並べました。
CIMG4209.JPG
すでに日付が変わっていました。 現在、平成25年8月14日(水)の午前0時15分。

ついに佳境に突入していきます。
P1090449.JPG
一個食っときましょう。うめだけにうめ〜!

そして再び行進が始まりますがすでに驚異的な標高です。
CIMG4214.JPG
コンデジが叩きだすこんなすごい標高値を今まで見たこともありません。

頭では理解しているのですが、3,000mを軽く超える標高値。

まだまだ上がってきます。

そしてhpa(ヘクトパスカル)

天気予報の話ではありません。

圧力の単位です。

標高が高くなると気圧が低くなるのでhpa(ヘクトパスカル)の値も小さくなります。

標高にしろhpa(ヘクトパスカル)にしろ、もはや尋常ではありません。


10番目の山小屋、白雲荘さんを抜けるともはや後戻りは効きません。
P1090454.JPG
富士山登山、その八合目もやおら終わりを迎えようとしています。



3,000mOVER!編はここまで。

次回、試練到来、本八合目!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 19:52| Comment(0) | 登山部

2013年09月26日

富士山登頂プロジェク:鳥居荘到着!!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月13日(火)、14日(水)に
日本最高峰!富士山に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、五つ目の山小屋、富士一館!
P1090419.JPG
まだまだ先は長い。

辺りはすでに暮れています。なぜか人は少なめ。
P1090418.JPG
休憩されておられる方々は富士一館でお泊りでしょうか。

引き続き素晴らしい雲海の上にいます。
P1090420.JPG
そしてライトの明かりが徐々に増えてきていますね。

ここも休まず次を目指します。トイレは200円。
P1090421.JPG
100円玉を10枚ほど用意してから登りましょう、との添乗員さんの言葉を思い出します。

そしていよいよ次に登場する山小屋は…
P1090424.JPG
朱色が目印、鳥居荘!

今夜のお宿、鳥居荘!!
P1090425.JPG

そして、あっという間の鳥居荘!!!
P1090429.JPG
無事到着です。

時刻は午後7時8分。バスでしこたま寝たおかげでまだまだ余裕ですがここで強制仮眠。
CIMG4190.JPG
そう。時刻は特に問題ないですがその標高。

モーリーが今まで登った山で一番高かった山は、

平成24年9月26日(水)に挑んだ立山は別山の標高2,880m。
CIMG2777.JPG
当日は天気に恵まれ素晴らしかった。後立山連峰バッチリ!

しかし今日はそこにもう迫っているうえに、この先はまだまだあります。

そうです。この辺から段々と富士山がその実力をいかんなく発揮してきました。

などとほざいているうちに山小屋の方に運ばれるかのようにして今日の寝床へ。
P1090430.JPG
そう。この寝床。噂にたがわぬ凄まじさ。

這ってでないと動けません。天井が低くかなり圧迫感があります。
P1090432.JPG
が、最盛期なのに幸運にもとなり一人分のスペースに空きが出て何とかギュウギュウは回避。

しかし。午後7時過ぎに寝ろと言われてもなかなか寝れるものではありません。
P1090431.JPG
それでも二日前に行った白山日帰りで悟りました。さすがに9時間も山を歩くと足にくると。

富士山登山は白山に登るよりキツイ!

ここは寝れなくても横になって休むに限る。

目標仮眠時間は3時間半。

午後11時からいよいよ始まる最終アタック!!

の予定。

でしたが…


ザワ!ザワ!!  ザワ!

山小屋の玄関の方が妙にざわついているのです。

何かと思ったらひっきりなしに人が登ってきていたようです。

その様はまさに亡者の行進、ゾンビの群れ!!

気持ちが高ぶって仮眠もままなりません。

予定を若干早めて出発です。窮屈な仮眠室で支度を整えいざ登山再開。
P1090433.JPG
などと言っている私が亡者の様でした。

平成25年8月13日(火)、午後10時50分。
CIMG4193.JPG
予定より若干速く最終アタック開始。

富士山登山の真骨頂!
P1090434.JPG
夜間登山の始まりです。



鳥居荘到着!!編はここまで。

次回、3,000mOVER!編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 19:59| Comment(0) | 登山部

2013年09月25日

富士山登頂プロジェク:夕暮れ迫る七合目編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月13日(火)、14日(水)に
日本最高峰!富士山に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、ふたつ目の山小屋、日の出館!
P1090390.JPG
この場所からでもご来光がバッチリ見えるということでしょうな。

おっ、ヘッデンも販売しております。
P1090391.JPG
ペットボトルなどは、ここではまだそれほど高くなさそう。

それにしても見事な雲海。
P1090388.JPG
パノラマで写せばよかったと後悔しました。

トイレわきのコースを抜けて次の山小屋へ進みます。
P1090394.JPG
山小屋には必ずトイレがあるので安心して登れます。有料ですが。

見上げればすぐに次の山小屋。
P1090396.JPG
どんどん行こうぜ!

と言ってるそばからトモエ館さん到着。個室もあるぜ。
P1090399.JPG
ちなみに本八合目でも登場してきます。

七合目のトモエ館さん到着時点で午後6時14分。
CIMG4175.JPG
季節は夏。陽はまだ高いです。

雄大な景色を眺めながらの登山はもう最高です。
P1090401.JPG
まさに休日!まさにバカンス!!まさにリフレッシュ!!!

溶岩岩のコースが続きます。
P1090400.JPG
わりと足場が多く安心して登れます。

次に登場するのが七合目救護所。こういった施設があると安心です。感謝。
P1090405.JPG
しかし本当に怖くなるのは3,000mを過ぎてからです。

そして間髪入れず鎌岩館さん到着!本日満室で大賑わいです。
P1090410.JPG
今日はどこの山小屋もごった返しておりますでしょうな。

この先に倉庫の様な建物がありましたのでそこで休憩です。
P1090412.JPG
この辺りから風が吹いてきて寒くなります。建物の陰で風をしのぎます。

そして楽しい晩飯!
CIMG4181.JPG
まずは姥捨のサービスエリアで購入したおにぎり。

引き続きご当地(姥捨SA近辺)のカップめん!
CIMG4179.JPG
蕎麦好きのモーリーにはたまりませんな。

湯を沸かします。が、本当は富士山でバーナー使ってはいけなかったかも?
CIMG4178.JPG
堂々と使ってしまいました。反省。

しかしうまそ〜&うめ〜!
CIMG4182.JPG
などとほおばっておりましたが、姥捨で食べたヒレカツカレー同様、

ボリュウムがあってしぶといしぶとい。太平洋側の食べ物はみんなしぶといのか〜?

いや〜食った食った。などとほざいておりましたらいよいよ富士山に夕暮れが迫ってまいりました。
P1090416.JPG
もう少しで辺りは闇に。

そしていよいよそこから富士山登山、その真骨頂の始まりです。



夕暮れ迫る七合目編はここまで。

次回、鳥居荘到着!!編もお楽しみに。

Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 14:54| Comment(2) | 登山部