2013年09月16日

白山登頂プロジェクト2013:エコーラインのニッコウキスゲ祭り編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月11日(日)に白山を日帰りで登頂に挑戦した模様をお届けいたします。

現在の位置は、エコーラインも終盤戦!
P1090138.JPG
さりとてまだまだ見どころ満載で、飛び出してきたのはニッコウキスゲ!

エコーラインにもニッコウキスゲが咲き乱れております。
P1090152.JPG
素晴らしすぎです。

そういえば昨日の写真で南竜山荘の向かいにあった施設は南竜ヶ馬場のテント場でした。
P1090160.JPG
こんな近くにあるのに昨年は全く見えなかったはず。天気の差は大きいですな。

それにしても今日は最高。引き続きコバイケイソウ咲き乱れ。
P1090140.JPG
どのコースにも花が咲いて見どころ満載。

最後にもう一度、ニッコウキスゲとコバイケイソウが咲き乱れるエコーライン。
P1090142.JPG
楽しい一日です。

別山はあの山か、この山か。
P1090155.JPG
来年は必ず挑戦します。

などとつぶやいていると案内杭が登場。エコーラインも終点です。
P1090158.JPG
ここからはほぼ水平になる南竜道を進んでいきます。

とりあえず記念撮影。いい思い出になりますな。
P1090163.JPG
すでに全身汗だくですが、半袖で心地よく過ごせるいいシーズンです。

南竜道は平坦な歩き易い部分が多くペースが上がります。
P1090168.JPG
気付けば甚之助が見える場所まで来ていましたが、甚之助避難小屋は今日もガスの中でした。

ピンクの花はシモツケソウでしょう。小さい花たちを鑑賞すればそろそろ南竜道も終点。
P1090170.JPG
砂防新道と合流した後は一気に室堂まで下ります。

と言っているそばから合流地点に到着。
P1090173.JPG
まだ登りで砂防新道を使ったことがありませんので、こちらも来年のテーマです。

ちょうど正午に室堂を出発してから砂防新道の合流地点まで1時間8分。
CIMG4152.JPG
このまま一気に甚之助避難小屋まで進みましょう。

合流地点からの下りはご覧の様な樹林帯。
P1090176.JPG
眺望は効きませんが、天気の悪い日はこちらのコースの方が安全でしょう。

そしてあっという間に甚之助避難小屋に到着。
P1090181.JPG
人が多く混んでいたのと足にまだ余裕があったのでスルーして中飯場で休む作戦に。

これが完全に裏目に出ました。登り下りで都合9時間近くもかかる山行は初めて。
P1090183.JPG
甚之助避難小屋から中飯場までは大した距離でもなかったような?との曖昧な記憶も手伝って…。

急ブレーキがかかりました。一気に膝に来ました。
P1090185.JPG
それでも、もう残り時間にして1時間少々。

無理をすれば一気に駆け下りれる力はまだ残っています。

しかし、それは今日はしません。する必要もありません。
P1090189.JPG
池塘が現れたところで一服です。

そうです、そうなのです。

ここまで順調なペースで下ってこれただけで今日は十分です。

今日無理をして足やひざを痛めても何の意味もありません。

なぜなら今日は…


”富士山前哨戦!”




エコーラインのニッコウキスゲ祭り編はここまで。

次回はいよいよ最終回  準備OK!行こうぜ、富士山!!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 13:08| Comment(0) | 登山部