2013年10月28日

丸山ケルン登頂プロジェク:いや〜、すばらしい!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年9月18日(水)に
一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の皆様と共に八方尾根の少し上にある
黒菱駐車場からリフトを乗り継ぎ、丸山ケルンにアタックした模様をお伝えいたします。

現在の位置は、最初に乗ったペアリフト!
P1100391.JPG
ムムッ、すでにシーズンは過ぎたようですが、花が咲いていた形跡が凄まじく残っています。

来年またこれたら、もう少し早い時期に来てみますか。期待できそ。
P1100389.JPG
そしてこの最初に乗ったペアリフトで、すでに腹いっぱいの景色を堪能できます。

素晴らしい雲海。まだ標高の低いところで発生しています。
P1100405.JPG
太陽の日差しが半端ありません。

リフトは楽チン。車を止めた黒菱駐車場も一望できます。
P1100407.JPG
スピードは若干緩め。そのおかげで景色を存分に楽しめます。

そして登場したのがオリンピック施設。
P1100414.JPG
長野オリンピックの記憶が蘇えります。

最初のペアリフトが終われば次はクワッドリフトへ。
P1100416.JPG
が、しばし寄り道。

チョ〜スゲ〜!!マジでマジで。
P1100419.JPG
怒涛の白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)。

なんと見事な&空の青さが凄すぎる!
P1100421.JPG
スーパー!

こっちの景色もスーパー!すでに腹いっぱいです。
P1100422.JPG
穂高や剱、立山の北アルプス軍団に比べ白馬方面はやや下の存在と思っていましたが凄すぎました。

その壮大な景色をバックに記念撮影。
P1100428.JPG
いい思い出になりますな。

ムム、小屋が見えます。白馬山荘でしょうか。
P1100429.JPG
いつかあそこに泊まる日が来るでしょう。

いや〜、それにしても特徴ある色ですな。
P1100431.JPG
燕岳と同じ花岡砂礫でしょうか。

赤いのはカメノキの実かと。
P1100433.JPG
バックの白色とのコントラストが素敵。

では次のリフトへ向かいます。
P1100437.JPG
先程見えたオリンピック施設です。

何の競技が開催されていたかと申しますと。
P1100439.JPG
女子滑降でした。男子の滑降もここで競技があった模様。

観光用のコースも用意されていました。
P1100441.JPG
実際に観光目的で途中まで登る方も多いそうですな。

などとぶつぶつ言いながらの歩行ですが、なかなか次の目的地点につきません。
P1100443.JPG
本日は、最初に乗ったペアリフトの話で終ってしまいました。

なんだか長編になりそうな予感がします。




いや〜、すばらしい!編はここまで。

次回、クワッドリフトがまたしぶとい編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)





posted by Love Earth モーリー at 19:51| Comment(0) | 登山部

2013年10月27日

丸山ケルン登頂プロジェク:白馬岳はまた来年スペシャル!

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

平成25年9月18日(水)に一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の皆様と共に

八方尾根の少し上にある黒菱駐車場からリフトとクワッドリフトを乗り継ぎ

丸山ケルンにアタックしてきました。

当初、9月3日(火)から4日(水)にかけて、白馬岳へアタックする予定でしたが

台風の影響もあり中止。

残念な結果となりましたが、その代りに今回は丸山ケルンへ。

そう、唐松岳に登る途中にあるケルンまでを今回目指して登ることに。

後立山連峰は今回初挑戦なので期待も大きいです。



一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の皆様と一緒に登るのは

平成25年7月23日(火)から24日(水)にかけて行われた

燕岳登頂プロジェクト以来となりましたが、

今回も下手な前説はこの辺にしておいて、恒例のタイトルコールから早速イッテみよう!




”一般社団法人石川県マンション管理士会登山部
    &
  Love Earth モーリー
   丸山ケルン登頂プロジェクト
  今夜は2時間スペシャル!
   この後、完全公開”




午前3時7分。集合場所に無事到着。
CIMG4327.JPG
それでは出発です。

森本インターから高速に乗り、糸井川インターで下車。
P1100330.JPG
そして無事に小谷村道の駅到着。いつも運転ありがとうございます。

小谷村道の駅で午前5時49分。ここまでで3時間を若干切っています。
CIMG4328.JPG
燕岳の時もここで休憩しましたね。

今日は天気期待できそう。
P1100331.JPG
さわやかな朝です。

休憩後、再び八方尾根の駐車場目指し出発。途中で一度コンビニへ。
P1100333.JPG
朝もやが広い範囲に出てきていましたが、逆に天気の良さが期待できます。

ん、何でしょうか。もやの中になのか見えます。
P1100334.JPG
もう少し眺めてみましょうか。

そろそろ晴れるか。ん〜ん、まだまだ。
P1100337.JPG
などと談笑しながらも、コンビニで買った朝食用のパンをつつきます。

なかなか晴れませんでしたが、今日の目的地がもう近いことが伺えます。
P1100340.JPG
それにしても、もやの向こうはなんじゃらほい。

などとつぶやいていましたが、とうとうもやが晴れました。
P1100370.JPG
登場したのは白馬岳。どっぴゃ〜!すげー!!

写真に収まりきらないスケールで、実際の眺めはもっと圧巻でした。
P1100363.JPG
期待で胸が踊ります。それにしても何たるスケール、何たる天気。

最後の山道を右に左にうねうねと蛇行しながらも何とか到着。お疲れ様です。
P1100371.JPG
ここでリフトに乗って、多少高度を稼ぎます。

この時期にリフトに乗るのも珍しい。
P1100376.JPG
というより、最近リフト自体それほど乗ることもなくなりました。

遭難しかけた大倉岳高原スキー場。機会があれば今年か年明けに行きましょう。
P1100377.JPG
それにしてもなんちゅう天気じゃ。ここまでの晴天も珍しいですな。

とりあえず記念撮影。長袖はこのあと不要の長物に。
P1100382.JPG
それにしても、期待に胸躍ります。

入念にウォーミングアップを済ませ、いよいよリフトも稼働時刻。
P1100384.JPG
ペットはくれぐれも持ち込まないように。

現在の時刻は午前7時23分。コンデジの標高で1,510m。
CIMG4332.JPG
今日は素晴らしい休日です。って、平日でしたが…。

とりゃ〜、っとリフトに飛び乗れば。
P1100386.JPG
あとは Blue Sky に優しくつつまれます。




次回、いや〜、すばらしい!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 01:13| Comment(0) | 登山部

2013年10月26日

早月尾根登頂プロジェク:VS天気予報!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、すでに下山が終了した馬場島!
P1100308.JPG
今回は登頂断念するも、ここちよい感動に浸っています。

引き続き馬場島の登山口付近を探索中。
P1100315.JPG
キャンプ用の炊事場ですな。

炊事場とトイレは2箇所づつあったはず。
P1100316.JPG
いずれも水道工事のため断水しておりましたが。

そして馬場島荘到着。玄関入口に登山届を入れるポストあり。
P1100319.JPG
長い長い一日が終わろうとしています。

馬場島荘に到着した時刻は午後4時30分程。
P1100321.JPG
午前4時27分にアタックを開始してからすでに12時間が経過していました。

あとは馬場島荘でひとっ風呂浴びて、いよいよ事務所に帰還します。
P1100322.JPG
午後7時前にはつくでしょう。立山インターから高速に乗ればあっという間。

頂上まで行けずも楽しかった。思ったよりも充実感でいっぱいです。
P1100327.JPG
楽しい夏の思い出になりました。

ありがとう、馬場島!

ありがとう、早月尾根!


帰り際、運転中に見える夕日が凄かった。
P1100328.JPG
この夕日とともに激闘の一日が終わり、心地よい疲労とともに爆睡。

そして…



日が経つにつれてこみ上げてくる感情が。

そう。ただただ悔しい。

何日か経過して悔しさが湧き出してきました。

この山本(やまほん)の写真を見れば見るほど。
P1130108.JPG
なんだよ、もう少しだったじゃねえか!

馬場島荘の駐車場から出発して標高2,600m先のチョコンと尖がったとこまでは行ってたはず。

もう1時間早くアタックを開始していたら…

もう1時間粘って登坂を続けていたら…

もう少しだけペースをあげて登っていれば…


などど、後悔の念がコースガイドを見るごとに湧き出してくるのです。

このままでは終われない。

また行くぞ〜!

今年行くか?もう来年か?

ただでさえ険しい剱岳が雪の鎧をまとってしまえば、もう一般登山者が太刀打ちできる

山ではありません。

立山の冬は早い。

挑戦を来年に回せば、昨年挑戦して尻すぼみで終わった中小企業診断士試験の二の舞です。


いくらな今年のうちに。

決断は早かった。

そして決断すれば後は速し。

休日の天候を慎重に慎重に吟味する天気予報との闘の始まりです。


今度は必ず行くぞ。

剱岳!

その聖なる頂へ。




早月尾根登頂プロジェクト  おわり


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:25| Comment(0) | 登山部