2013年10月22日

早月尾根登頂プロジェク:登頂断念!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、標高2,750m付近!
P1100211.JPG
この雄大な景色の見える地点で今回は登頂断念といたしましょう。

それでも馬場島の登山口で標高760mほどなので2,000m近くは登ってきました。
P1100212.JPG
良くやったということで。

時間的にも午前4時30分近くから始まりすでに正午も間近。
CIMG4305.JPG
都合7時間半登ってもまだ頂上に到達しない凄まじさ。

早月尾根。このコースの凄さを実感しております。
P1100213.JPG
そして、早月尾根を制覇して頂上までたどり着いた時の感動はどこまでのものか…。

今回は到底計り知れませんが、時間的にも体力的にももう限界。
P1100215.JPG
下から雲が湧いてきたのもさることながら、ここから始まる標高差2,000mの下り。

想像もつかない闘いがまだ残っています。
P1100214.JPG
ここで引き返すのが正しい判断でしょう。

では下山開始。時刻はちょうど正午くらい。不思議と悔いはなかった。
P1100216.JPG
登り以上に慎重さが求められる下り。それでもさすがに下りは早い。

登りの際、必死で越えたいくつものピークをスススッ、と下っていきます。
P1100218.JPG
そしてなぜか登りの時に急に感じた傾斜も下りの時はさほど怖く感じませんでした。

お名残惜しい。
P1100219.JPG
しかし、早月尾根はずっとここで登山者の挑戦を待っていることでしょう。

立山もそうですが、午後からいつも2,000m付近に雲が湧いてくるような感じがします。
P1100221.JPG
それでも天気自体は良さそうですね。

小窓尾根のギザギザよ、また来るぜ!
P1100225.JPG
などとつぶやきながらもスイスイ下ると。

意外に早く標高2,600m標識地点に到着。
P1100226.JPG
コースより少し上にぽっかりと丸い空間があるのは2,614mピークです。

標高2,600m標識の場所で午後0時23分。
CIMG4307.JPG
コンデジの標高も近付いてきました。

それにしてもこの1.6kmがものすごく長かった。ここまでの登り自体でかなり削られましたか。
P1100227.JPG
逆に下りは早月小屋まで近そう。少し飛ばしていきましょう。

などとまたまたつぶやいているうちに早月小屋が見えてきました。
P1100228.JPG
小屋が見えたことでさらにスピードが上がります。が、これがまずかった。

早月尾根の下り。それがどんなものかこの時点ではまだ理解していなかったのです。

それにしてもど〜ですか、この景色。
P1100231.JPG
さすが、北アルプス!




登頂断念!編はここまで。

次回、Never ending 下山編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)




posted by Love Earth モーリー at 17:22| Comment(0) | 登山部

2013年10月21日

早月尾根登頂プロジェク:Time Over 編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、標高2,800m標識目指し行進中!
P1100182.JPG
この辺りも道はしっかり付いているのでいいのですが、体力的にそろそろきつくなってきました。

谷はこんな感じ。
P1100177.JPG
多少、心にゆとりをもって歩けます。

標高2,600m過ぎにお花畑が。もう少し早い時期ならもっと咲いてそう。
P1100185.JPG
ただし、花を見るのが目的なら別の山に登った方がいいのですが。

などとつぶやいているうちに、とにかく周りは岩だらけに。
P1100186.JPG
この先に何が待ち構えているのでしょう。緊張が走ります。

こちらは確か立山方面だったはず。
P1100189.JPG
立山方面も岩の間から見えるようになってきました。

登ってきたコースを見下ろします。
P1100192.JPG
標高2,600m地点からまだそれほど登ってはいないのですが、とにかく時間がかかります。

相変わらず景色だけは冴えています。
P1100191.JPG
恐怖感はそれほどでもなかったですが、とにかくキツイ。

おっ、だれか降りてきました。先の状況を聞いてみましょう。
P1100195.JPG
「今回が初挑戦でしたが、なんとか上まで行けました。」

「一部怖かったところがありましたが、なんとか上まで行けると思いますが。」

「ただ時間的に少し微妙かと。ここからまだ結構かかります。」

とのお話でした。

いい参考になります。ありがとうございました。

まずは標高2,800mで登場するであろう標識を目指しましょう。
P1100196.JPG
再び急な斜面が現れましたが…

いよいよ核心部に突入の様です。
P1100197.JPG
慎重に! 足場が多かったのでクサリを利用しなくても登れました。降りるときに使いましょう。

急傾斜を登りきると東大谷側の岩が切れていて立山方面が一望できます。
P1100199.JPG
誤って落ちるとヤバいですが。

ズームで撮れば室堂も映っていたはず。
P1100200.JPG
当日はどこがどこやらイマイチでズームせず。また今度ですな。

そして、また行く手には岩の壁。
P1100202.JPG
否が応でも気力をそがれます。

ここでまたひと息つきます。とにかく今日は休憩が多かった。
P1100207.JPG
どっかりと腰をおろして眺める景色がまた最高でしたが。

どの位まで登ったでしょうか。コンデジで確認します。
CIMG4303.JPG
標高はちょうど2,750m。2,600m標識から150m登ってきました。

それにしても時間がかかる。

現在の時刻は午前11時42分。しかもこの先どんどん険しくなります。
P1100208.JPG
標高2,600m標識からすでに50分かかってまだここまでとは。

重い腰もなかなか上がらず10分程休憩して決断しました。
P1100209.JPG
時間的にもうキツイ!

Time Over.



Time Over 編はここまで。

次回、登頂断念!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:08| Comment(0) | 登山部

2013年10月20日

昨年の借りは返せたか?

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

昨日から今日にかけて、昨年不合格で終った中小企業診断士試験

2次試験の受験のため名古屋まで。

当地はまさに名古屋まつりの真っ最中。
P1130104.JPG

2日間の模様をいち早く皆様にお伝えしたいのですが、

順番が詰まっておりますのでまたいつか。




Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 23:47| Comment(0) | 中小企業診断士