2013年10月18日

早月尾根登頂プロジェク:標高2,600mからの攻防編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、標高2,600m標識目指し行進中!
P1100146.JPG
標高は2,500mを越えてきているかと思いますが、ここらはまだ休める場所あり。

引き続き小窓尾根のギザギザが素晴らしい。
P1100147.JPG
しかし、なかなか標高2,600m標識が現れません。

かなり時間も経っているはずなのですが。
P1100151.JPG
と、そこへ雪渓登場。8月前半なら結構残ってそうですな。滑ったらやばそ!

そしてその先の剱岳凄し!
P1100152.JPG
岩の塊ですな。どっから登って行くのでしょうか。

おや?もう誰もいないのかな。
P1100153.JPG
人影が見えません。

おっ!ありました。この雪渓が残っていた場所です。
P1100155.JPG
なんだかんだいってかなりのところまで来ましたね。

標高2,600m標識での時刻は午前10時53分。
CIMG4300.JPG
標高2,400m標識から48分。早月小屋からならすでに1時間30分近くたちました。

早月小屋から1時間30分で標高差400m。遅い遅い。

さらにこの先の400mでは1時間30分以上かかるのはもう必至ですな。

どうしても慎重にならざるを得ずスローペース&体力的にもかなり来ています。
P1100157.JPG
しかもここまで来てさらに距離1.6km。ちょっと微妙になってきました。

ここで一休みしましょう。ここら辺りはけっこう平らでいい休憩ポイント。
P1100161.JPG
景色最高ですがこの先どうなりますか。いよいよ早月尾根も核心部に突入していく模様。

今日はもう雪渓も小さいので安心。
P1100159.JPG
ではまた眺めを堪能しながら進みましょう。

ツルン、といったら「あ〜〜〜!」です。
P1100160.JPG
が、前日も申し上げた通り、高度感は想像していた程ではありませんでした。

引き続き行進します。ここはちょっと注意して。
P1100168.JPG
ところどころ危ない箇所が出てきました。

どこのルートを辿って行くのでしょうか。とにかく目の前のコースを慎重に進みましょう。
P1100167.JPG
馬場島から剱岳頂上まで続く一本道、早月尾根。道はハッキリ付いています。

再びフラットな場所に出ます。しばし緊張が解けます。
P1100174.JPG
2,600m以降は、険しくなったり平坦になったり。

トリカブトっぽいですな。それでも綺麗な花です。
P1100175.JPG
ここでも一息つきましょう。否が応でも休憩を余儀なくされます。かなりきています。

振り返って見る景色もまたグッドですが、立山方面の写真が少なかった。
P1100178.JPG
標高2,600m以降は、主に池ノ谷側方面を歩いていた模様。




標高2,600mからの攻防編はここまで。

次回、Time Over編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 15:01| Comment(2) | 登山部

2013年10月17日

早月尾根登頂プロジェク:道遠し編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、標高2,400mを越えていよいよ岩峰が厳しくなってきたところ!
P1100103.JPG
コースの変化が顕著になってきます。

ちなみに標高2,400m標識到着で午後10時5分。
CIMG4299.JPG
昨日、コンデジの画面を御紹介するの忘れました。

次はこの丘を越えていきます。
P1100107.JPG
高度感が出てきていますので進むペースも鈍ります。

周りの景色にも圧倒されながらも写真沢山撮りました。
P1100111.JPG
雲が多い割に眺めが良かった。

小窓尾根も凄い。
P1100113.JPG
あそこからも登る方がいるのでしょうか。

なんとかここまでこれただけでも感動ひとしお。
P1100114.JPG
圧巻ですな。

大きな岩を乗り越え乗り越え。このあたりで上から降りてくる人がちらほら。
P1100115.JPG
情報を入手しながら進みます。

道はハッキリしていますので安心なことは安心ですが。
P1100116.JPG
真ん中の道を進んので小ピークを越えて、左に付く道を進んでいきます。

景色がいい日は白馬岳が見えるとか。
P1100122.JPG
映っているでしょうか。などとつぶやいていましたが平成25年9月18日(水)に行われた

丸山ケルン登頂プロジェクトに挑んだときに白馬岳の勇姿を拝みました。

そう。これです。この写真の右上に写っている少し白いの。
P1100123.JPG
間違いなく白馬岳ですな。ラッキー!

道中、フラットな箇所も登場してきます。
P1100127.JPG
休めるときに休んでおきましょう。

慎重に、慎重に。道は付いています。
P1100129.JPG
ゆっくり行きましょう。

写真で見るよりはコースに幅がありますのでここらはまだまだ安全です。
P1100131.JPG
コース幅は90cm前後だったかと。

ちなみに踏み外せばこんな感じ。なんとか自力で止まれますか?
P1100134.JPG
怖いことは怖いのですが、想像したほどの高度感はありませんでした。

それでも油断して足を踏み外せば。
P1100135.JPG
ア〜レ〜、でしょうな。

岩を乗り越えん乗り越え。まだここらはクサリがありません。
P1100140.JPG
それでも足場が多く割とひょいひょい登れました。

なんとかまたピークを越えましたね。
P1100142.JPG
それでもなかなか次の標高プレートが現れません。

慎重にならざるを得ず、予想以上に時間がかかっています。



道遠し編はここまで。

次回、標高2,600mからの攻防編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 23:52| Comment(0) | 登山部

2013年10月16日

早月尾根登頂プロジェク:VIVA北アルプス!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月25日(日)に早月尾根に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、早月小屋から再出発して少し登ったところ!
P1100078.JPG
徐々に険しさが増してきます。

おっ、ジャガイモの花か?な訳ない。
P1100080.JPG
キヌガサソウですかな。旬は過ぎている模様。

まだまだ木の根張り出すコースをえっちらおっちら登っています。
P1100081.JPG
それにしてもこの日は、早月小屋から上は冷えていました。う〜ん。残雪のせいか。

そしていよいよ来たようです。岩の殿堂、剱岳。その真の姿を拝める場所まで。
P1100083.JPG
むき出しの岩が何かを物語っています。

立山方面。ズームすれば室堂も写せたかも。
P1100085.JPG
標高も室堂並みのところまで来ましたか。

早月小屋もだいぶ小さくなってきました。
P1100090.JPG
もう少し登れば登山口の馬場島にある馬場島荘も拝めるようです。

そして来ましたぞ!標高2,400m看板。
P1100091.JPG
ここで時刻は午前10時5分。馬場島出発からすでに5時間35分経過。

1,600m以上の標高差も登ってきました。たぶん一日で登った標高として記録更新です。
P1100093.JPG
ここから先は精神を研ぎ澄ませて。すでにストックはしまってあります。

道中、矢印の案内がありますので助かります。
P1100094.JPG
焦らず矢印を確認しながら進みましょう。

それでもまだ歩き易い箇所有り。
P1100095.JPG
休める場所で休みましょう。この先に何があるかわからない以上。

景色がどんどん素晴らしくなってきます。ここはすでに北アルプス!
P1100097.JPG
頂上から眺める景色は想像を越えていることでしょうな。

さらに小さくなる早月小屋。
P1100100.JPG
奥に広がるのは富山平野でしょうか。

あそこに有ります。
P1100103.JPG
堂々たるフォルム。どこまで近づけるでしょうか。

近づくには、この道を越えていく必要があります。
P1100102.JPG
ハッキリ言ってかなりビビっとります。

それにしても岩だらけ。
P1100105.JPG
どんな試練が待ち構えているのでしょう。

おお〜!誰かおりますぞ!!
P1100106.JPG
行けるか!あの聖なる頂へ。




VIVA北アルプス!編はここまで。

次回、道遠し編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:07| Comment(0) | 登山部