2013年11月06日

丸山ケルン登頂プロジェク:八方池観賞編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年9月18日(水)に
一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の皆様と共に八方尾根の少し上にある
黒菱駐車場からリフトを乗り継ぎ、丸山ケルンにアタックした模様をお伝えいたします。

現在の位置は、スススッと丸山ケルンから下山を開始したところ!
P1100731.JPG
五竜岳に続くコースがはっきり見えます。楽しそう。

登るときには気付かなかった。可憐に咲いています。
P1100740.JPG
が、名前分からず残念。

樹林帯の中を抜け。
P1100744.JPG
下りということもあり快適です。

慎重に斜面をトラバースし。
P1100751.JPG
ずんずんずんずん下っていけば。

あっという間に八方池到着。早え〜。
P1100763.JPG
&キレ〜。いい眺めです。

おや、こんなところにも池が。
P1100761.JPG
どの辺りだったでしょうか。忘れてしまいました。

などとつぶやいているうちに八方池到着。
P1100766.JPG
湖面に白馬岳が写り込むショットを狙いましょう。

それにしても結構ひとがいました。
P1100770.JPG
水曜日だったのに。ただ、一度行けばその理由が何となくわかります。

おっ、あそこから写すのが良さそうですな。
P1100772.JPG
しばし順番を待ちます。そしてなんとか。

まずまずでしょうか。うまく白馬三山が入りました。
P1100775.JPG
時間が許すのならばずっと眺めていたい。そんな感じでした。

はいはいはいはい。カエルとサンショウウオが住んどるようですな。
P1100794.JPG
池の水は沸いてくるのでしょうか。

では最後におたまじゃくしかサンショウウオか微妙に分りずらい個体を撮影したら。
P1100795.JPG
再び下山を始めましょう。ああっ、お名残惜しや。

ここからはとても美しい木道が整備されていて歩き易い。
P1100807.JPG
さらに下山のペースが上がっていきます。

と言っているうちに、第二ケルン近くのトイレが見えてきました。
P1100809.JPG
写真奥の方にやっと雲が現れて来ましたね。

が、その前に。八方ケルン到着です。
P1100812.JPG
まだまだ下からたくさんの方が登ってきていました。

下りの八方ケルンで時刻は午後1時3分。
CIMG4353.JPG
登るときは八方ケルンから丸山ケルンまで2時間かかりましたが。

下りは1時間で到着です。早し!



八方池観賞編はここまで。

次回、感動再び!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:30| Comment(0) | 登山部

丸山ケルン登頂プロジェク:丸山ケルンからの眺望編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年9月18日(水)に
一般社団法人石川県マンション管理士会登山部の皆様と共に八方尾根の少し上にある
黒菱駐車場からリフトを乗り継ぎ、丸山ケルンにアタックした模様をお伝えいたします。

現在の位置は、すでに今回の目的地、丸山ケルン到着!
CIMG4344.JPG
時刻はちょうど午前11時です。不思議とどのポイントもぴったりの時間。

八方池山荘を出発したのが午前8時ちょうどだったので、ここまで3時間。
P1100722.JPG
まずまずのタイムでした。特徴のある白い山ですな。

ふむふむ。深い歴史があるのですね。
P1100686.JPG
それにしてもここからの眺望は最高でした。

まずは唐松岳。丸山ケルンからはもう1時間30分程かかる模様。
P1100691.JPG
道中、やや険しい部分もあるようです。来年の楽しみですな。

麓の景色も最高!
P1100690.JPG
今日は本当に天候に恵まれました。

そして丸山ケルンからは不帰ノ嶮が大きく見えます。
P1100694.JPG
いつかあそこに挑戦する日が来るかもしれません。

が、とりあえず昼飯。
CIMG4345.JPG
とうとうと湯を沸かし。

今日はいつもと違って緑のたぬき。
P1100696.JPG
いい具合に膨らんどりますな。3分待てば。

完成です。ではいただきます。
CIMG4347.JPG
うめ〜!なぜかこの日は食欲旺盛でした。

それにしても圧倒的なスケールの眺望が広がります。
P1100698.JPG
いつもながら、いつまで見てても飽きません。

唐松岳頂上は賑わっとることでしょう。
P1100704.JPG
この日はホント登山者多かった。ひっきりなしに登ってきていました。

迫力の五竜岳&双耳峰の鹿島槍ヶ岳。
P1100709.JPG
すばらしい好展望でした。

では最後にコーヒーをすすり。
CIMG4349.JPG
下山の準備に取り掛かります。

お名残惜しいですがそろそろ出発。記念撮影はお忘れなく。
P1100720.JPG
では行きますか。変化に富んだコースで楽しかった。

なんだかんだと1時間ほど滞在しました。
CIMG4352.JPG
気温もぽかぽかでややねむくなりましたが。

雄大な景色を見ながらの下山も素敵です。
P1100727.JPG
が、いつもながら下りは早かった。

凄まじいスピードでした。



丸山ケルンからの眺望編はここまで。

次回、八方池観賞編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 00:36| Comment(0) | 登山部