2014年01月11日

C級☆第1章の2 信用状

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

C級テキスト第1章の2の内容をもう少し触れてみたいと思います。

Inporter(輸入者)が Exporter(輸出者)から

商品を輸入しますが、代金の支払いはいつになるのでしょうか。

国内の取引なら、店頭で現金決済、掛け取引や手形など。

ネットなら電信決済でしょうな。

しか〜し!

遠い異国の業者相手に貨物の料金を先に払っていいものかどうか?

お金を払ったはいいが貨物が届かなかった。

貨物は届いたが契約したものと違うものが届いた、などなど。

これが 信用リスク です。

この信用リスクを排除するために編み出されたのが信用状、

そう。 Letter of credit.


普通の国内取引では登場してこない、

この信用状のしくみを理解するのが大きなポイントの一つです。

一口に説明するのは難しいので、おいおい説明いたします。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:17| Comment(0) | 貿易実務検定C級