2014年01月13日

C級☆第1章の2 信用状A

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日もC級テキスト第1章の2(貿易取引の流れ)の内容をもう少し触れてみたいと思います。

2日前に信用状のご紹介をしましたが、もう少し詳しくお話しします。

Inporter(輸入者)が Exporter(輸出者)から

商品を輸入しますが、代金の支払い(受取)方法をどうするかはとても重要です。

電信送金で先に払っても、後で貨物が来なければ大損です。

そこで編み出されたのが信用状で、国内取引ではお目にかかることはないように思います。


信用状とは、Inporter(輸入者)と取引のある銀行が

Exporter(輸出者)から代金支払いの請求があった場合には、

Inporter(輸入者)に貨物が到着する前でも、

商品代金をちきんと支払いますよ。

という書類になります。

銀行がInporter(輸入者)の信用を担保する格好になります。

が、もちろん銀行はそう簡単に信用状を発行しません。

Inporter(輸入者)が貨物の代金を支払わずにトンズラすれば

今度は銀行が大損してしまいます。


そこで、銀行はいままで取引がある顧客で、さらになにがしかの

担保を取ったうえで始めて信用状を発行することになります。

Inporter(輸入者)、Exporter(輸出者)それぞれ

取引が継続してお互い信頼関係が構築できれば、以後は電子送金で決済

するのが理想的ですが、お互いに信頼のない取引初期の段階では

信用状を使い貿易をするのが古典的な方法ですが、

長い歴史に中で培われてきた一番安全な決済手段の様です。


こちら様の資料など、参考となります。

http://www.hokugin.co.jp/shohin/docs/kgreport_7.pdf#search='%E4%BF%A1%E7%94%A8%E7%8A%B6+%E8%A6%8B%E6%9C%AC'



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:25| Comment(0) | 貿易実務検定C級