2014年02月11日

C級☆第2章の4 契約書の基礎知識

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は信用調査から1コマ進んで、C級テキスト第2章の4 (契約書の基礎知識)

を見ていこう。

テキストでは、貿易取引は 『諾成契約だ!』 と言っています。

つまり貿易取引は

一方のオファーに他方が承諾すると成立するそうで、

口頭(口約束)でもOKだとしています。

贈与契約と同じですね。

あわせて

要物契約であって、要式契約ではないと言っております。

ここまで来ると難しくなりますが、

最終的には、法制度も商習慣も異なる相手との取引になりますので

実も上は書面で契約書を作成するそうです。

まぁ、ここまで読むと国内取引と同じですね。

ただし、詳しく学ぶと、国内での契約書と違う部分も出てきますが、

続きはまた次回。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 17:19| Comment(0) | 貿易実務検定C級

2014年02月10日

C級☆第2章の3 信用調査の方法 その4

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日もC級テキスト第2章の3 (信用調査) のうち、その調査方法をご紹介いたします。

その4

海外商社名簿 を利用する。

独立行政法人日本貿易保険が発行しています。

本来は貿易保険の引き受け基準の格付として使用していますが、

その格付をそのまま信用調査に利用することもOK!とのこと。

現に、名簿に登録する際ある程度の調査を行うようで

手数料も1万円を切る模様。

格付のランク表はこちら
http://nexi.go.jp/product/confidence/

G格は政府機関や国際機関

E格は民間企業

S格は商業銀行等

P格は信用状態不明の者

うち、ENTERPRISEにはEからCまでありますが、

EからFの間なら「まあまあ。」とのことです。

ENTERPRISE Excellent

なんか響きがいいですな。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:50| Comment(0) | 貿易実務検定C級

2014年02月09日

C級☆第2章の3 信用調査の方法 その3

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日はC級テキスト第2章の3 (信用調査) のうち、その調査方法をご紹介いたします。

その3

Trade Reference 取引先の相手先や同業者に対して照会を行う方法

これが一番手っとり安く費用のかからない方法かと、

取引したい外国の企業とすでに取引をしている

国内の企業を知っていれば、その会社に相手の素性を聞けば

それで事は足りますし、

もともと国内の企業自体が信頼している企業、信用できる企業で、

その企業と取引しているなら「調べるまでもないでしょ。」

と言うことにもなりますね。

実務で結構あるパターンだと思います。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 18:26| Comment(0) | 貿易実務検定C級