2014年02月23日

C級☆第3章の1 約束手形

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

前回は為替手形のご紹介いたしました。

為替手形はややこしいですが、荷為替手形はもっとややこしくなりますので

順を追って説明いたします。

今日は一番簡単な約束手形。

金沢商店は東京商事に商品500万円を販売しました。

東京商事は金沢商店に500万円を支払う必要がありますが、

先の日付(たとえば平成26年5月20日)まで支払いを猶予してもらうため

手形を発行するケースもよくあります。

無題3353.jpg

荷為替手形の図よりぐっと簡単になりましたね。

振出人:東京商事 (手形代金を支払う人)

名宛人:金沢商店 (手形代金をもらう人)

約束手形を使用するのは、返済期間を伸ばすためです。

一般的でわかりやすいですが、

次回は自己受為替手形が登場しますので

やや大変。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 19:21| Comment(0) | 貿易実務検定C級