2014年02月24日

C級☆第3章の1 自己受為替手形

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日は自己受為替手形のご紹介いたします。

簿記で勉強しましたが不思議な手形です。

実務ではお目にかかったことはありません。

無題1132321.jpg

名宛人:東京商事 (手形代金を支払う人)

振出人&受取人:金沢商店 (手形代金をもらう人)

金沢商店は自身で手形を作成して

東京商事にその引受けを了解させて

再び手形を取得する。

ほんとうに不思議な手形です。

東京商事が約束手形を振り出すのと全く同じ結果になるのですが、

なぜこんな手形があるのでしょう。

いままで考えたこともありませんでした。

そうです。

なかなか買掛金を支払わない取引先に金額と期日を確定させた

手形を引き受けさせて、なかば強制回収するための手形なのですね。

そして、この仕組みが貿易取引には必要なようです。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 23:37| Comment(0) | 貿易実務検定C級