2014年05月16日

鈴ケ岳から〜の大日山登頂プロジェクト:キャンプ1☆出作り小屋編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年5月11日(日)に挑んだ鈴ケ岳から〜の大日山登頂の模様を
お届けいたします。

現在の位置は、いよいよ傾斜がつき始めた登山道序盤!
P1140679.JPG
何気にきついです。鈴ケ岳。

っと、ここでバショウ登場!!!
P1140681.JPG
期待していなかっただけに感動。

と言うことはヌギ谷原近し!ペース上げていきましょう。と思ったら。
P1140685.JPG
良蔵屋敷跡です。が、どの辺が跡か良くわからず。

素晴らしい天気。素晴らしい緑。
P1140686.JPG
とくれば光合成ですな。酸素いっぱい。

一度下って行きます。滑らないように注意して。
P1140689.JPG
それでも小気味よいペースで進んでいくと…

げっ!早くも残雪。1週間前の富士写ケ岳では山頂付近にしか雪ありませんでしたが。
P1140690.JPG
上の方が心配です。

なんか見覚えのある風景。着きましたか。
P1140694.JPG
いいペースでしたね。

そう、ここは鈴ケ岳登山の起点にして楽しみ館、キャンプ1出作り小屋!!!
P1140701.JPG
いいフォルムです。

そして、出作り小屋の前に広がるヌギ谷原。
P1140700.JPG
湿地ですが今日はミズバショウ見れてナイス。

備蓄の薪。
P1140702.JPG
ありがたやありがたや。

説明文。
P1140703.JPG
ハイハイハイハイ。

出作り小屋。
P1140704.JPG
中をのぞいてみましょう。右にスライドさせます(だったはず)。

豪華設備です。ここで宴会すると楽しそうですね。
P1140706.JPG
そう。鈴ケ岳から〜の大日山登頂プロジェクト連載初日にご報告したとおり、今年のお盆に

凄まじい戦いが待っています。

予定は2泊ですが、うち一日は無人の山小屋に泊まる予定。

本チャン前にどこかの山小屋に泊まって体を慣らさないと。

そして小屋の脇に咲くバショウたち。ナイス。
P1140708.JPG
白が素晴らしく清楚です。

少し休んだら再び出発。先はまだまだ長し。
CIMG4679.JPG
出作り小屋での時刻、午前8時24分。登頂開始からまだ42分。

がんばっていきましょう。




キャンプ1☆出作り小屋編はここまで。

次回、恐ろしいほどの急坂編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:31| Comment(0) | 登山部

2014年05月15日

鈴ケ岳から〜の大日山登頂プロジェクト:序盤はゆるゆる足慣らし編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年5月11日(日)に挑んだ鈴ケ岳から〜の大日山登頂の模様を
お届けいたします。

現在の位置は、登山道にとりついたところ!
P1140636.JPG
楽しい一日の始まりです。

素晴らしい緑。鮮やかですが凄まじい光合成の連続でしょうな。
P1140638.JPG
今日は登山口ですでにお二人いましたので安心です。

序盤、沢筋を歩いていきます。いい音が聞こえてきます。
P1140644.JPG
この辺はまだまだ足慣らし。ゆっくり行きましょう。

そして木の間を通り〜のしながら登坂は続きます。
P1140645.JPG
ほとんど危険箇所はなく歩き易いコース。

おっ、看板が見えました。沢も見えましたね。
P1140646.JPG
序盤、水源はたくさんありますぞ。

そして最初に登場した看板。鈴ケ岳は看板多し!!
P1140647.JPG
ありがたやありがたや。

一本目の鉄橋登場!慎重に渡りましょう。
P1140648.JPG
う〜ん、昨年展開された激闘!丈競山登頂プロジェクトを思い出しますな。

ステップも軽やかに渡っていきます。
P1140653.JPG
小さな花がそこかしこに咲いていますね。前回はシャクナゲ。今日はカタクリです。

序盤戦は杉林の中。見事です。
P1140654.JPG
誰もいなければ怖いですが。

幸四郎ヤシキ跡まで来ましたね。
P1140658.JPG
まだ体は起きていないようですが、ここまでの時間を確認してみましょう。

午前7時59分。スタートしてからまだ17分。
CIMG4676.JPG
休まず進んでいきましょう。

オッ、二本目登場!綺麗な水です。魚いますかね。
P1140664.JPG
ここも軽やかなステップで進んでいきます。

百間滝の分岐まで来ました。2年前に来た時は台風の後で途中で進路が不明に。
P1140670.JPG
今回も百間滝にはいかない予定。また機会があれば。

徐々に傾斜がきつくなってきました。
P1140672.JPG
いよいよ鈴ケ岳名物の地獄の急勾配が近づいてきたようです。

お日様とともに気温も上昇。
P1140673.JPG
体温も上がり準備運動はここで終了。

この2.3km看板から先はなかなかしぶとい。
P1140677.JPG
では、気合を入れていきましょう。




序盤はゆるゆる足慣らし編はここまで。

次回、キャンプ1出作り小屋編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)





posted by Love Earth モーリー at 18:48| Comment(0) | 登山部

2014年05月14日

鈴ケ岳から〜の大日山登頂プロジェクト:カタクリの水場を見つけ出せ!スペシャル

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

5月11日(日)に鈴ケ岳経由で大日山目指しアタックしてきました。

池洞新道や徳助新道はまだ雪多そうですが、こちらのコースはなんとか行けそうな気配。

この時期、お花もたくさん咲いているでしょうから登山者も多いはず。

昨年の様な恐ろしい体験をすることもないでしょう。

しか〜も!密かにこのコースは水場が充実しているのです。

登場する(ハズの)水場は沢を除いて3つ。

ひとつは出作り小屋のわき。

ひとつは出作り小屋前後の水場(2年前に鈴ケ岳登頂の際使用しましたが記憶が…)。

そして最後の一つは大日山直下にそびえるカタクリ小屋の付近に存在するはずの水場。

この最後に登場する水場を見つけられるかどうかが今回の最大のミッションとなります。

なぜか…


そうです、昨年登頂したあの早月尾根にも匹敵する凄まじいコースを見つけ出しました。

その標高差2,400mを越える長大なコースですが、

このコースを制覇するには、コース上登場する3つの水場で

を補給できるかどうかが最大の課題となります。

挑むはお盆!

富士山を諦めてでも挑むために、今からトレーニングせねばなりますまい。

今回の鈴ケ岳から〜の大日山登頂コースか滑降のトレーニングゾーン。



では、またまた前説が長くなってしまいましたが、今回もそろそろイッテみよう!



      ”Love Earth モーリー
      鈴ケ岳から〜の大日山登頂プロジェクト
     カタクリの水場を見つけ出せ!スペシャル
      この後、完全公開”




この日は間違いなくはれます。天気予報は完ぺきな晴れ!
P1140612.JPG
ナイスです。ワクワクしますな。

午前5時36分。事務所出発です。
CIMG4673.JPG
2年前に一度登っていますので、鈴ケ岳の登山口までは余裕。

が、その前にいつもの朝飯。ガッツリ食っておきましょう。
P1140616.JPG
ハムチーズがなかなか。

この案内看板のある道を脇に入っていきます。ここがわかりづらい。
P1140617.JPG
迷わないよう気をつけましょう。

湯気が上がっておりますな。
P1140621.JPG
朝はけっこう寒かったですが、徐々に気温が上がります。

無事、冒険のとりでまで来ましたがここはスルー。
P1140623.JPG
立派な建物ですが、人気なし。

見事な杉林を進んでいきます。
P1140624.JPG
車だからいいけど、けっこう怖い。

山じゃ!山じゃ、山じゃ!!
P1140627.JPG
気温とともに、闘志も上がります。

そして到着。すでに2名準備されておりました。
P1140629.JPG
私もそそくさと準備しましょう。

ハイハイハイハイ!同じ地図持っていますので安心です。
P1140631.JPG
今日も長い闘いですな。

昨年の秋に購入したスーパーりんリン(モンベル社)。
P1140634.JPG
なかなかいい音慣らします。これで鈴3つ体制。

準備OK!只今の時刻は午前7時42分。
CIMG4674.JPG
気温も徐々に上がり最高の一日になりそう。

では今日も行こう!
P1140635.JPG
カタクリ小屋付近に登場するその聖なる水場 『カタクリの水場』 (勝手に命名)。

見事ゲットして見せましょう。



次回、序盤はゆるゆる足慣らし編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 18:58| Comment(0) | 登山部