2014年07月18日

ベトナムホーチミン5日間の旅:戦争は怖い編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年7月2日(水)から7月6日(日)にかけて、取引口座のある
銀行支店さんの企画したベトナム、ホーチミンツアーに参加した模様をお届けいたします。

現在の位置は、修復工事をしている建物の前!
P1160124.JPG
ここは特に何もありませんでした。先に進みましょう。

当時の草履とか。でか。
P1160125.JPG
手前の顔が写っている方は現地のガイドさん。5日間お世話になりました。

そしていよいよトンネルの中を歩くことに。
P1160127.JPG
大したことはないと思っていましたが…

では慎重に。中は暗いぞ。
P1160128.JPG
善光寺も暗かった〜。

が、善光寺どころではなくなってきます。
P1160129.JPG
まだこの辺はいいのですが、だんだん中が狭くなってきます。

ランプあり。安心です。
P1160130.JPG
っと、思っていたらこれもだんだん暗くなってきます。

くぅ〜っ、かなり圧迫感が出てきました。
P1160132.JPG
空気が薄い上に、トンネルがかなりタイトになってきています。

もう真っ暗。前を進む方の気配を探りながら進みます。
P1160134.JPG
「こっちですよ〜。」と案内するガイドさんの声が。助かります。

そして出口はもう近いようです。
P1160136.JPG
ほんの10数メートルでしたが、かなり制限されたトンネルの中は大変でした。

ふぅ〜っ。出口です。
P1160137.JPG
無事戻れてよかった。

実はこのトンネル。なかで蟻の巣のように、いくつも道が枝分かれしているようです。

コースを知らないと大変なことになります。

そして、ベトナムの方は私より二回りほど小さい方が多かった。

当然、ベトナムの方が作ったトンネルのですので大柄なアメリカ兵がここを通り抜けるのは地獄に近い。

そう。地上のジャングルを枯葉剤で消滅させられたベトナム兵が編み出したのがこのトンネルでしょうか。

凄まじい圧迫感の中、わずか10数メートルの行進でもかなり体力を奪われた気がしますが、

戦時中は凄まじい戦いが展開されていたのでしょうか。

戦争は怖いです。

今はもう観光地となったトンネルを今一度撮影し、次へ向かいましょう。
P1160128.JPG

そう、後は平和なアトラクションです。
P1160142.JPG
のんびり行きましょう。

昔の生活スタイルや…
P1160144.JPG

模擬の砲弾を見ながらコースに沿って進んでいきます。
P1160148.JPG
最後に今一度、お土産屋さんを通り抜けると駐車場に到着です。

やっぱ平和はいいですね〜。
P1160155.JPG
きれいな空だ。



戦争は怖い編はここまで。

次回、ニューアンドウィク中学校編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.



posted by Love Earth モーリー at 19:07| Comment(0) | 旅行