2014年10月18日

西穂独標登頂プロジェクト:天気がいい日は楽しいね〜♪編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年9月14日(日)に西穂独標に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、西穂山荘で一服していよいよ最後の下山が始まるところ!
P1190381.JPG
山荘はごった返しておりました。

かなり雲が広がりましたが、ここまでくれば安心です。
P1190383.JPG
西穂山荘の登りで1時間かかりませんでしたので、帰りはもっと早い。

しかし、辺りを散策しながらゆるゆる帰りましょう。
P1190385.JPG
では出発。

イワギクがたくさん咲いていました。
P1190389.JPG
綺麗なものです。

そして帰路の山道。樹林帯の中に入りました。
P1190393.JPG
名残を楽しみながら、ゆっくり帰りましょう。

木道を軽やかなステップで進んでいきます。
P1190397.JPG
すると景色が開けた場所に。

う〜ん。笠ヶ岳が雲に隠れてしまっていますね。
P1190400.JPG
もっとも、景色はすでに堪能しましたので悔いはありません。

そして、あっという間に下山終了。
P1190409.JPG
やっぱり帰りは早かった。

下山届を提出して、楽しかった登山も終焉の時が近づきます。
P1190411.JPG
残り、ロープーウェイ乗り場までは本当のハイキング。

少し辺りを散策しながら帰りました。
P1190416.JPG
由来を読むのを忘れましたが、また来ることもあるでしょう。

道中、イワギキョウが綺麗に咲いていました。
P1190414.JPG
素敵な色をしています。

西穂高岳まではいけませんでしたが十分楽しみました。
P1190422.JPG
景色が良くて最高でしたね。

おっと、ここに水場がありましたね。行きは気付きませんで。
P1190424.JPG
おいしい水。

では下界へ降りましょう。
P1190436.JPG
ロープーウェイは雲の中。

そして無事下山。
P1190438.JPG
そう、無事が何より。次の日にお一方…

下界は賑わっておりました。
P1190440.JPG
観光でくることがあれば、是非、神宝乃湯に入りたいものです。

後はてくてく歩いてマーカーまで。
P1190446.JPG
心地よい疲労感が全身を包みます、

料金ゲートの向かいに車を止めましたので無事到着。
P1190450.JPG
こちらこそありがとうございました。

午前7時過ぎに鍋平駐車場を出発して、午後1時54分に到着。
CIMG4864.JPG
都合、6時間半の山旅でした。

いや〜、天気がいい日は楽しいね〜♪
P1190447.JPG
休日はこうでなくっちゃ。




西穂独標登頂プロジェクト:秋晴れスペシャル! おわり



Thank you.
see you again.




posted by Love Earth モーリー at 17:26| Comment(0) | 登山部

2014年10月17日

西穂独標登頂プロジェクト:飯にすっぺか!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年9月14日(日)に西穂独標に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、すでに下山開始して丸山目指し行進中!
P1190330.JPG
いよいよ西穂独標も雲にのまれようとしていますね。

雨の心配はないでしょうが、この状況でも西穂高まで行かれる方いるでしょうか。
P1190331.JPG
無理は禁物。わたしは丸山目指し下山します。

下山中も登山者が多かった。
P1190335.JPG
スルスルかわして下降します。

だいぶ降りてきましたが、もう西穂独標は雲の中。
P1190341.JPG
午後からはガスりますな。山の天気は変わり易い。

そして無事に帰りの丸山到着。
P1190354.JPG
腹が減ってしょうがありませんが、それもその筈。

ちょうど昼ですな。ここで飯にすっぺか。
CIMG4860.JPG
楽しい昼飯の始まりです。

今日は岩登りと言うことで、荷物を極力晴らしてきましたので汁物はありません。
P1190348.JPG
が、久々の玉子巻きがうめ〜。

えらい雲がだて来てしまいましたが、まだ眺望はそこそこでGOOD!
P1190344.JPG
コンブのおにぎりがまたうまい。

それでは出発しますか。コース脇に咲くリンドウが素敵ですね。
P1190357.JPG
まだまだ楽しい登山は続きます。

オオカメノキの実でしょうか。高い山の秋は早い。
P1190369.JPG
9月、10月は登り貯めしたいものです。

どんどん雲が迫ってきますが、ここまでくれば安心。
P1190365.JPG
登山は早出に限りますな。

見えてきました。西穂山荘。賑わっております。
P1190372.JPG
前日の宿泊は、一枚の布団を3人で利用したとか。こわ〜。

にしてもワッサワサ。久々のシーモンキー状態。
P1190376.JPG
今から登られる方もいますが、どちらまで?

こちらの山は常念岳ではなく、霞沢岳でした。
P1190377.JPG
一度登ってみたいものです。

ではここでも一服しますか。
P1190379.JPG
まだ時間には十分余裕が。

穂高を堪能していきましょう。



飯にすっぺか!編はここまで。

次回はいよいよ最終回 天気がいい日は楽しいね〜♪編もお楽しみに。



Thank you.
see you again.





posted by Love Earth モーリー at 01:48| Comment(0) | 登山部

2014年10月16日

西穂独標登頂プロジェクト:雲&大渋滞編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年9月14日(日)に西穂独標に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、西穂独標から下って帰路に着くところ!
P1190282.JPG
西穂独標の下り。くれぐれも慎重に。

にしても、おびただしい登山者の数。
P1190283.JPG
皆さんどこまで登られるのでしょうか。私はすでに撤収です。

景色は最高でした。今日の天気も重なって登山者が多いのもうなずけます。
P1190286.JPG
くれぐれもお気をつけて。

などとつぶやいておりますが、なかなか独標から降りれません。
P1190291.JPG
大渋滞の順番待ち。まぁ、のんびり行きましょう。

ちなみに、西穂独標に到着した時刻は午前10時51分。
CIMG4858.JPG
丸山から1時間ほどかかりました。といっても、10峰まで行って引き返した時刻。

正午に近づくにつれて雲が。
P1190293.JPG
まだ問題ではありませんが。

この白い花、キヌガサソウですね。
P1190295.JPG
有名なヤツでした。たぶん。

すでに西穂独標から降りましたが、ご覧のような状況。
P1190296.JPG
ホント、どこまで行かれるのやら。無理は禁物ですぞ。

振り返り見る独標の登りも数珠つなぎ。
P1190299.JPG
空が白くなってきましたね。

にしても凄すぎました。あっちもこっちも登山者だらけ。
P1190300.JPG
人の多さに危険味が薄れますが、ちょ〜危険です。ここは。

西穂独標へと続くルートの先の景色はもうまっ白。
P1190302.JPG
ガスってきましたね。早めの撤収、正解でした。

大分離れてきましたが、雲がますます湧いてきます。
P1190308.JPG
ピラミッドピークももう直飲みこまれそう。

なのにどんどん登山者が登っていきます。
P1190315.JPG
そして、飲み込まれました。

私は天気のいい方へ進みます。
P1190318.JPG
下りはまだまだ十分、景色を堪能できます。

雨が降ることはないでしょう。
P1190312.JPG
楽しい登山は続きます。




雲&大渋滞編はここまで。

次回、飯にすっぺか!編もお楽しみに。



Thank you.
see you again.




posted by Love Earth モーリー at 18:22| Comment(0) | 登山部