2014年12月24日

高尾山登頂プロジェクト:高尾の湯『ふろッぴィ』編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年10月10日(金)、11日(土)に、東京で開催された大きな研修のついでに
登山者数日本一の山、高尾山に挑んだ模様をお届けいたします(登ったのは11日(土)です。)。

現在の位置は、稲荷山コースを下山中!
P1210905.JPG
のどかなコースですな。

整備も行きとどいていますので人気があるのもうなずけます。
P1210907.JPG
峠の茶店はボロ儲けちゃうか。

などとつぶやいているうちにも登山口が近づきます。
P1210910.JPG
残り1.8km。名残惜しいですな。

そして展望台に到着。どんな景色が広がっているのでしょうか。
P1210915.JPG
トイレは老朽化のため使用不能でした。

先客が。景色を見てますな。
P1210917.JPG
期待できるかも。

まずまずといったところでしょうか。
P1210922.JPG
目の前に広がる大都会をよそに、ここはのんびりした時間が流れています。

いい思い出になります。さらに…
P1210924.JPG
今回も『坊主丸儲けスペシャル!』なのでタダ!! あまり大きな声では言えませんが、なにもかもタダ!

では再び下山開始。標識間違わないように。
P1210926.JPG
チラチラ見える大都会の景色を楽しみながら下っていきます。

桜の季節もいいですな。
P1210935.JPG
金沢と違って、4月の頭でももう暖かいでしょう。

およよ。落し物でしょうか。
P1210936.JPG
のんびり登るには最高の山です。が、残りもう1kmです。

記念撮影でもしながら。
P1210944.JPG
午後2時は過ぎていたと思いますが、まだたくさん登ってきます。

おおっ、お稲荷様。なるほど、そう言う事ですな。
P1210951.JPG
稲荷コースの由来でしょう。

そしてもう登山口が見えてしまいました。
P1210952.JPG
残りもわずかなコースを堪能します。

最後のチェックポイントも無事通過。
P1210954.JPG
そう。ビクトリー!

駅到着ですが、ケーブルカーの駅だったでしょうか。
P1210958.JPG
京王線ではありませんが、いいでしょう。

稲荷コースの登山口。今度登るならここからです。
P1210960.JPG
きっといつかまた。

では京王線駅を目指しましょう。
P1210963.JPG
駅まで10分程歩いたでしょうか。

土産屋あり〜の(人多い)。
P1210964.JPG
なんな買えばいいのでしょうが、荷物になりますので…

お礼の看板あり〜の。
P1210966.JPG
で、最後まで楽しめます。

ここだけでも楽しめそう。
P1210969.JPG
のんびり歩いてみたいものですね。

看板を確認しながら駅に向かいます。
P1210971.JPG
なにもかもがいい思い出。

少し大きな道路に沿って進んでいくと。
P1210972.JPG
駅が見えてきましたが、電車に乗るわけではありません。

まずは風呂。汗まみれのままで新幹線には乗れんでしょう。
P1210976.JPG
目指すはもちろんふろッぴィ!



高尾の湯『ふろッぴィ』編はここまで。

次回、風呂上りのビールは格別編もお楽しみに。


Thank you.
see you.





posted by Love Earth モーリー at 18:04| Comment(0) | 登山部

2014年12月23日

高尾山登頂プロジェクト:押し寄せる人の波編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年10月10日(金)、11日(土)に、東京で開催された大きな研修のついでに
登山者数日本一の山、高尾山に挑んだ模様をお届けいたします(登ったのは11日(土)です。)。

現在の位置は、本日二度目の山頂!
P1210860.JPG
まずまずの値段。

そして記念撮影。
P1210863.JPG
人多し。

次々と波のように押し寄せてきます。
P1210865.JPG
まじで凄かった。登山者日本一の名に恥じない状況でした。

山頂で昼飯を済ませて、午後12時43分からいよいよ最終下山。
CIMG5025.JPG
昼めしを食べる場所の確保も難しいほどの人出でした。

では下山は稲荷山コースから。たくさんコースがあって楽しめます。
P1210867.JPG
が、気をつけないと道に迷ういそうになります。

間違えるはずないのですが…
P1210868.JPG
山をなめてはいけません。

そう、この枝道。ここで一度進路を取り違えてしまいます。注意していたのですが。
P1210873.JPG
奥高尾山の方向へ進んでいたようで。他の登山者に聞いてコースを外していたことがわかります。

早めに分って良かった。何でも聞いてみるものです。また遭難するところでした。
P1210881.JPG
軌道修正して、稲荷山コースを下ります。

この稲荷山コースがまたいい。いつもの山道です。
P1210886.JPG
都心の近くにもこんないいコースがあったとは。次きた時は必ず稲荷山コースから登ろうぞ。

として三度目のチェックポイント。
P1210887.JPG
無事通過していきます。

後は登山口まで看板を確認しながら下るだけ。
P1210891.JPG
ここまでくればもう迷うことはありません。

木の階段。コースは完ぺきに整備されています。
P1210893.JPG
これだけ登り易ければ皆さん来ますわな。

予想していたよりいいコース。もういつもの登山と一緒。
P1210896.JPG
違ったのは登山者の数だけです。

木の根ゾーンが登場してきました。
P1210900.JPG
荒島岳や鞍掛山を思い出します。

登山口まで残り2.2km。まだもう少し高尾山を楽しめます。
P1210903.JPG
ゆっくりゆっくり下山して高尾山を堪能いたしましょう。



押し寄せる人の波編はここまで。

次回、高尾の湯『ふろッぴィ』編もお楽しみに。


Thank you.
see you.





posted by Love Earth モーリー at 11:52| Comment(0) | 登山部

2014年12月22日

高尾山登頂プロジェクト:2度目の登頂編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成26年10月10日(金)、11日(土)に、東京で開催された大きな研修のついでに
登山者数日本一の山、高尾山に挑んだ模様をお届けいたします(登ったのは11日(土)です。)。

現在の位置は、頂上目指し3号路を小気味よく快走中!
P1210804.JPG
まさにいつもの山道。

の割に看板多し。微妙な感じですが人の手が届いているという安心感はあります。
P1210797.JPG
なんかほんと、動物多そうで若干不安でした。

う〜ん。にしても猿山の雰囲気に似ています。
P1210813.JPG
また来春に行きましょう。

しかし3号路はほんとに大自然の中で。
P1210818.JPG
クマ鈴をもち合わせていませんでしたので、ちょっとビビった。

なんの見でしょうか。ひいらぎではありませんな。葉が違う。
P1210823.JPG
オオカメノキかナナカマドの実でしょうか。きれいなだいだい色です。

かしき谷園地なる場所に。休憩ポイントですな。
P1210827.JPG
コースはよく整備されていて歩き易い。

再びのチェックポイント。楽しいでしょうな。オリエンテーリング。
P1210828.JPG
まぁ、登山も楽しいですが。

フフフッ、捕えましたぞ。2度目の山頂。
P1210831.JPG
残り0.7kmなら楽勝、楽勝。

ちょっとボケてしまいましたが、いつもの山道から砂利道に変われば山頂も間近。
P1210832.JPG
ざわざわしてきましたぞ。もっとも、カイジは『ざわ』ですが。

見えました。立派な休憩所。
P1210839.JPG
一粒で二度おいしいとはまさにこのことでしょうな。

にしても峠の茶店は大賑わいです。
P1210846.JPG
なんか最初に来た時より人が多そう。

って、どう見ても多し!
P1210850.JPG
そうです。高尾山。2度目の登頂時にその真の実力を拝むことができました。

が、その前に富士山。そそくさと展望台の方へ。
P1210855.JPG
がっくり。グーの音も出ないとはまさにこのことでしょうか。

惜しい。もう一度来いとでもいうことか。
P1210857.JPG
それならもう一度登った方が。そうです。富士山を。

まぁ、ここでメシですね。
P1210858.JPG
相変わらず、昆布の塩塩感が最高です。



2度目の登頂編はここまで。

次回、押し寄せる人の波編もお楽しみに。


Thank you.
see you.



posted by Love Earth モーリー at 19:23| Comment(0) | 登山部