2015年01月18日

荒島岳登頂プロジェクト2014:山楽し編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、バカップルのおかげで予想以上に長居した小荒島岳山頂!
P1220745.JPG
では、いよいよ本格的に下山しますか。

一路、シャクナゲ平を目指します。
P1220747.JPG
こちらは中出コース。こちらからも一度登ってみたいものですな。

うっそうとしたブナ林の中をシャクナゲ平へ。
P1220750.JPG
帰りは距離感がつかめるので余裕も出てきます。

鼻歌交じりに歩いていけば、もうシャクナゲ平到着。
P1220757.JPG
たくさんの方が休憩しておりますな。

そしてシャクナゲ平からの一枚。
P1220760.JPG
う〜ん。白山は雲の中。次回に期待しましょう。

そ〜りゃ!そ〜りゃ!と進んでいきます。
P1220764.JPG
快調、快調。

見事なブナが続きます。
P1220766.JPG
大日山が懐かしい。

登りは苦戦させられた微妙な段差の木階段も、帰りは楽ちん。
P1220767.JPG
軽快なステップで越えていきます。

池糖まで来ました。何度もしつこいようですが…
P1220769.JPG
池糖と言えば早月尾根ですな。

おや、登りでは気付きませんでしたが、
P1220772.JPG
なんの意味があるのでしょうか?

引き続き歩いていくと、この広い踊り場。
P1220779.JPG
深谷ノ頭あたりです。ここは道迷いに注意。

無事に通過すれば、いよいよ下界が見えてきます。
P1220785.JPG
が、この先に待つのはガレ場に舗装林道。まだ油断大敵。

にしても、色付いた木々が心を癒してくれますぞ。
P1220787.JPG
もう一息で登山口ですが慌てますまい。

帰りもたくさんの方がおられました。
P1220778.JPG
とても賑やかな一日でした。

ではここで休憩でも致しましょう。
P1220789.JPG
そう、ここは言わずと知れた白山ベンチ。休憩するには最高です。

いや〜、山楽し。



山楽し編はここまで。

次回、まだまだ続く下山編もお楽しみに。


Thank you.
see you.



posted by Love Earth モーリー at 14:03| Comment(0) | 登山部

2015年01月15日

荒島岳登頂プロジェクト2014:微妙な距離の小荒島岳編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、下山行程でシャクナゲ平到着!
P1220690.JPG
このまま中出コースに進んで小荒島岳を目指しましょう。

が、ここで時間を確認します。午前11時23分ですね。
CIMG5059.JPG
って、まだ午前中ですか。

では行きましょう。小荒島へ。
P1220693.JPG
道はいつもの里山の様相に。

そして、出会う人も一気に減ります。
P1220698.JPG
往復の道中でも、お会いした方は4名程だったと思います。

そして徐々に怖くなってきます。
P1220700.JPG
クマ鈴鳴らしていきましょうね。

思ったよりも小荒島岳、遠し!
P1220706.JPG
も、空はブルースカイでごきげん。

なんか見えましたぞ。急ぎましょう。
P1220708.JPG
案内板のハズ。

ふぅ〜、到着のようです。
P1220710.JPG
メインのコースが登山者多いだけにビビりました。

分岐から山頂までは10m程だったでしょうか。
P1220715.JPG
空に吸い込まれるようにして進んでいくと。

絶景&経ヶ岳でしょうか。
P1220716.JPG
いいフォルムしています。

そしてもうちょろちょろ前に進んでいくと。
P1220718.JPG
そこに居たのはナナなんと!!!

一番いい撮影ポイントを占領する若いバカップル!!
P1220720.JPG
いつ移動するか待っていましたが、このバカップル。いつまでたっても移動しません。

気配りが重要ですな。移動するまで記念撮影でも。
P1220722.JPG
疲れ切った旧日本兵のようです。さすが荒島岳。登り甲斐があるいい山です。

ここで時間を確認してみましょう。午前11時41分です。
CIMG5061.JPG
シャクナゲ平からは18分。そう遠くもないのですが、思ったよりは遠かった。

などとつぶやきながらも、なかなか移動しませんな。バカップル!
P1220739.JPG
念を送ってみましょう。『うんばらば〜。』 おっ、移動するか?

にしてもい景色。白山は雲を被っていましたが、近所の山々はバッチリです。
P1220723.JPG
っと、その時。

バカップルがやっと移動しました。どんだけ占拠していたでしょう。
P1220741.JPG
今のうち。

ナイスショットです。



微妙な距離の小荒島岳編はここまで。

次回、山楽し編もお楽しみに。


Thank you.
see you.



posted by Love Earth モーリー at 19:04| Comment(0) | 登山部

2015年01月14日

荒島岳登頂プロジェクト2014:下山は速し編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、今回の登山もいよいよ下山!
P1220611.JPG
気の緩みがないよう最後まで集中して楽しみましょう。

本日はこれから小荒島岳まで。
P1220614.JPG
そのまえにもちがかべを通過しなければいけないのですが、下山時は楽。

いい景色ですな。頂上だけガスが湧いていました。
P1220618.JPG
丈競山も写っているでしょうか?また今年行きましょう。

ここで記念撮影。下りは余裕があります。
P1220619.JPG
下山中もたくさんの登山者が登ってこられました。

大野平野でしょうな。晴れた日はほんと景色サイコー。
P1220623.JPG
気温もちょうどよくていい一日でした。

九頭竜の流れが見えます。
P1220627.JPG
イワナが沢山いるでしょうな。クマもたくさんいるでしょうな。

石川県では道中、こんな眺望を拝めるコースはなかなかすくなし。
P1220634.JPG
森の中での戦いが延々と続きます。

するする降りて、もう前荒島。
P1220649.JPG
いや〜、快調快調。

小荒島も大分近づいてきています。
P1220655.JPG
あの山は経ヶ岳でしょうか。いいフォルムです。

もちを下りますが、楽勝楽勝。
P1220672.JPG
登るときは地獄のようでしたが。

そして、もちがかべを過ぎたあたりからは素晴らしい紅葉でした。
P1220683.JPG
登りでは余裕がありませんでしたね。堪能していきましょう。

これはなんでしょうか。初めて気付きました。
P1220687.JPG
勝原登山口にあったスキー施設との模様です。ということは、残り3.4km。

佐開コース分岐もひょひょいと通過したら。
P1220688.JPG
そろそろシャクナゲ平近し!

が、登り返しで息絶え絶え。
P1220689.JPG
それでも心地よい疲労感ですな。



下山は速し編はここまで。

次回、微妙な距離の小荒島岳編もお楽しみに。


Thank you.
see you.



posted by Love Earth モーリー at 17:50| Comment(0) | 登山部