2015年01月09日

荒島岳登頂プロジェクト2014:押され気味編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、「どっセイ!どっセイ!」ともちがかべと格闘中!
P1220443.JPG
闘いのボルテージも一気にヒートアップしています。

気合気合!!などと叫びながらも若い兄ちゃんに道を譲ってしまいます。もうオッサンですな。
P1220438.JPG
が、しか〜し!若い兄ちゃんも青息吐息。結局そのまま若い兄ちゃんに抜かれることはなかった。Vブイ

なん人もこのもちがかべ。そうやすやすと登れるような傾斜ではないようです。
P1220445.JPG
そして来ましたぞ。まさに急傾斜の木バシゴ。

かっなりきついですが、歯を食いしばり登ります。
P1220448.JPG
「テェイショ!」「トリャー」と、つい気合が漏れます。

なんとか木バシゴ終了。が、もちがかべはまだまだ続く。
P1220449.JPG
一度ひと息入れますか。

厳しさに反比例して、景色はグングン冴えてきます。
P1220450.JPG
独立峰だけあって、天気のいい日はサイコ〜。

ではまた進みましょう。
P1220454.JPG
ふたつめの木バシゴは楽ちん。

が、また唐突に傾斜がついてきます。
P1220457.JPG
慎重に行きましょう。時間は十二分にあります。

そして、また急傾斜を越えればわずかばかりの踊り場。
P1220459.JPG
シャクナゲ平まで普通に登った後のもちがかべ。少し登るだけでも息が上がります。

わっひょ〜い!小荒島岳の先の大野平野(たぶん)も一望です。
P1220485.JPG
素晴らしいビュー。

そしてこの山塊。福井の山々です。
P1220465.JPG
経ヶ岳もこの中に収まっているかも。

若干、傾斜が緩くなった道程で休息できましたが。
P1220469.JPG
それでも疲労の色は隠せません。

で、またまた急登の登場。
P1220470.JPG
まさに福井県三大急登の一角。その名に恥じぬ凄まじさ。

徐々に押され始めてきています。ここが踏ん張りどころ。
P1220459.JPG
が、次々と襲いかかるもちがかべ。まさに波状攻撃です。

不規則な間隔で設置された木階段。
P1220474.JPG
この段差に想像以上に体力を消耗させられます。

気合気合!!



激突!もちがかべ編はここまで。

次回、頂上直下の激戦編もお楽しみに。


Thank you.
see you.




posted by Love Earth モーリー at 19:16| Comment(0) | 登山部

2015年01月07日

荒島岳登頂プロジェクト2014:激突!もちがかべ編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、シャクナゲ平を過ぎていよいよ本日のメインイベントが近づいてきたところ!
P1220387.JPG
序盤に緩いブナ林の下りが続きますが、ここで間合いを図ります。

佐開コースとの分岐まで来ました。一度佐開も歩いてみたい。
P1220393.JPG
そして、徐々に血液の温度も上がってきます。

前を歩いていた登山者はすでにかわして、引き続きブナ林の中を進んでいきいます。
P1220402.JPG
今は平坦路ですが、このあと様相が一変します。

目の前には荒島岳の頂が見えてきました。
P1220400.JPG
が、ヤツを越えて行かねば頂上に到達することは不可能。

おっと、まだこの標識がありました。
P1220406.JPG
たぶん冬の話かと思いますが、注意して歩きましょう。

いよいよ傾斜の角度が変わりました。戦闘態勢を少しづつ敷きます。
P1220408.JPG
否が応でも気持ちが高ぶります。抑えて抑えて。

若干コースが荒れている印象ですが、全然問題ナッシング。
P1220413.JPG
コースは綺麗に整備されています。

出ましたね、鎖。
P1220419.JPG
ヤツはもうすぐそこ。

傾斜の角度もかなり付いてきました。
P1220421.JPG
ここから先は様相が一変します。

そう、ここは荒島岳最大の難所。もちがかべ!!!
P1220422.JPG
一昨年に挑んでボロ雑巾のようにされた借りを返すべく、ついにこの地に舞い戻りました。

戦闘準備はすでに整っています。もちがかべ。相手にとって不足なし。
P1220427.JPG
いざ尋常に勝負。さっそく鎖とロープのお祭りです。

そう。ここから先はもう祭り。テンションMAXでガンガン行こうぞ!
P1220429.JPG
本日最大の難所を、そ〜りゃ、そ〜りゃと登っていきます。

なんとか最初の急階段を越えたと思ったら、また現れる急階段。
P1220434.JPG
試練の連続です。

が、ふと振り返った先には素敵な景色が広がっていきます。
P1220436.JPG
もがくようにして登りながらも、休み休み景色を堪能いたしましょう。



激突!もちがかべ編はここまで。

次回、押され気味編もお楽しみに。


Thank you.
see you.



posted by Love Earth モーリー at 19:25| Comment(0) | 登山部

2015年01月05日

荒島岳登頂プロジェクト2014:シャクナゲやっぱり咲いとら〜ん編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、深谷ノ頭を通過したあと登場する木階段地獄!!!
P1220351.JPG
微妙に間隔がずれていますので、想像以上に体力を使います。

が、今日はザックの中味も軽いので、ひとり、またひとりと仕留めていきます。
P1220358.JPG
今年もそれなりに登っているので体力もまだ余裕。

それにしても今日は趣のあるコース展開。
P1220355.JPG
秋もいいもんです。

が、この木階段が凄い。とともに決戦の時が近づいているのを実感します。
P1220357.JPG
抑えて、抑えて。ここで体力を消耗してしまえばもともこもありませんぞ。

にしても荒島岳は人気あります。
P1220360.JPG
今日は安心ですね。

天気も上々。山頂に期待が膨らみます。
P1220363.JPG
体もすでに仕上がってきました。今日は必ず勝つ!

などとつぶやいているうちに次のポイントが近づいてきたようです。
P1220370.JPG
ではもうひと踏ん張りして…

おっ、見えましたね。ここでひと息入れましょう。
P1220372.JPG
一昨年来た時は雪にほぼ埋もれていましたが。

そう。ここは荒島岳登山の中間点にして最後の休憩ポイント、シャクナゲ平!
P1220380.JPG
シャクナゲどこにも咲いとら〜ん。って、もう秋か。

ここからの景色も最高なのですが…
P1220374.JPG
ナナなんと!!白山は雲の中。そのうち晴れるでしょう。

ここでタイムを確認してみましょう。午前8時42分。まだ早い時刻。
CIMG5047.JPG
それでも登頂を始めてから2時間13分経過しています。やはり荒島岳は強敵。

では休憩も済んだところでそろそろ出発。記念撮影でもしておきましょう。
P1220381.JPG
ここから先に足を踏み入れたら、二度と後戻りはできません。

そう。ここからです。いよいよヤツが登場します。
P1220382.JPG
三脚など、ザックにしまいましょう。

戦闘態勢です。
P1220386.JPG
再スタート序盤、ゆるい傾斜の中を下っていきます。

決戦の時来る。



シャクナゲやっぱり咲いとら〜ん編はここまで。

次回、激突!もちがかべ編もお楽しみに。


Thank you.
see you.


posted by Love Earth モーリー at 18:30| Comment(0) | 登山部