2015年01月09日

荒島岳登頂プロジェクト2014:押され気味編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き平成26年10月26日(日)に、一昨年のゴールデンウイーク以来
2度目の登頂となる荒島岳に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、「どっセイ!どっセイ!」ともちがかべと格闘中!
P1220443.JPG
闘いのボルテージも一気にヒートアップしています。

気合気合!!などと叫びながらも若い兄ちゃんに道を譲ってしまいます。もうオッサンですな。
P1220438.JPG
が、しか〜し!若い兄ちゃんも青息吐息。結局そのまま若い兄ちゃんに抜かれることはなかった。Vブイ

なん人もこのもちがかべ。そうやすやすと登れるような傾斜ではないようです。
P1220445.JPG
そして来ましたぞ。まさに急傾斜の木バシゴ。

かっなりきついですが、歯を食いしばり登ります。
P1220448.JPG
「テェイショ!」「トリャー」と、つい気合が漏れます。

なんとか木バシゴ終了。が、もちがかべはまだまだ続く。
P1220449.JPG
一度ひと息入れますか。

厳しさに反比例して、景色はグングン冴えてきます。
P1220450.JPG
独立峰だけあって、天気のいい日はサイコ〜。

ではまた進みましょう。
P1220454.JPG
ふたつめの木バシゴは楽ちん。

が、また唐突に傾斜がついてきます。
P1220457.JPG
慎重に行きましょう。時間は十二分にあります。

そして、また急傾斜を越えればわずかばかりの踊り場。
P1220459.JPG
シャクナゲ平まで普通に登った後のもちがかべ。少し登るだけでも息が上がります。

わっひょ〜い!小荒島岳の先の大野平野(たぶん)も一望です。
P1220485.JPG
素晴らしいビュー。

そしてこの山塊。福井の山々です。
P1220465.JPG
経ヶ岳もこの中に収まっているかも。

若干、傾斜が緩くなった道程で休息できましたが。
P1220469.JPG
それでも疲労の色は隠せません。

で、またまた急登の登場。
P1220470.JPG
まさに福井県三大急登の一角。その名に恥じぬ凄まじさ。

徐々に押され始めてきています。ここが踏ん張りどころ。
P1220459.JPG
が、次々と襲いかかるもちがかべ。まさに波状攻撃です。

不規則な間隔で設置された木階段。
P1220474.JPG
この段差に想像以上に体力を消耗させられます。

気合気合!!



激突!もちがかべ編はここまで。

次回、頂上直下の激戦編もお楽しみに。


Thank you.
see you.




posted by Love Earth モーリー at 19:16| Comment(0) | 登山部