2020年02月06日

パンの旅☆関西スペシャル!! 風見鶏の館編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

本日も、令和2年1月1日(水)から3日(金)にかけて、
おいしいパンを求めて関西に遠征した模様をお届けいたします。

ただ今、令和2年1月2日(木)。

現在の位置は、風見鶏の館!異人館のメイン中のメインですな。
P1440082.JPG
いよいよ入城します。楽しみ。

間取り。朝食の間とな。何と豪華な。
P1440081.JPG
坪数、どれくらいあるのでしょうか。

トーマスさんのお宅だった様子。ドイツの貿易商。素晴らしい。
P1440083.JPG
お嬢さんが故郷に帰省した間に第1次世界大戦が開戦とか。後程またご紹介します。

重厚な扉を開いて中へ。すぐに係の方が。三脚はNGということで階段シリーズは一旦中止。
P1440085.JPG
も、見どころ満載でしょう。

照明。何とも言えない雰囲気。長い歴史があるからでしょうか。
P1440086.JPG
ゆっくり見学しましょう。

説明のボードや、奥にエアコンも見えますが、徐々に当時の隆盛を漂わせています。
P1440087.JPG
コース通り進んでいきます。

応接間。そう、夫人のサロン。
P1440089.JPG
ティーでも飲みながらおしゃべりしていたのでしょうな。でしょうね。

ソファーのクッション凄そう。
P1440088.JPG
そして、やはりあの時計が気になります。

高そう。も、時間はあっていない様子。
P1440090.JPG
動いてたかどうか忘れましたが、いい時計。

昔のまんまです。守ってきたのでしょう。神戸の皆さんありがとう。
P1440091.JPG
では次の部屋へ。やや人で密集。

居間。机と椅子ですな。応接間の方がくつろげそう。
P1440092.JPG
も、応接間は夫人が占拠していたのでしょう。たぶん。

今に入る前にパネルの部屋。位置的にどこだったでしょうか。
P1440094.JPG
学習しながら進みます。中の壁までレンガ貼りとは。いくらで建てた?

そして居間。暖炉もあり、木の雰囲気が最高。
P1440096.JPG
この部屋で十分、晩餐会が開けます。



風見鶏の館編はここまで。

次回、朝食の間編もお楽しみに。


Thank you.
see youぴかぴか(新しい)





posted by Love Earth モーリー at 21:44| Comment(0) | 旅行