2022年08月16日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:序盤は様子見、一ノ背髪編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は遠見尾根コース、地蔵の頭!
P1520198.JPG
休憩することなく再び歩き始めます。先は長し。

おっ、オコジョ。確かどこかで見たことあるような…
P1520199.JPG
思い出せませんな。

なかなか天気が好転してきません。確かこの辺に鐘のようなドラのようなものが。
P1520200.JPG
鳴らすの忘れました。次に来た時はきっと鳴らします。そう、必ずまた来ます。

遊歩道とな?登山道ではないのでしょうか。
P1520203.JPG
にしても、初めて登るコースは新鮮でいいですな。

で、この辺から階段が登場してきます。
P1520204.JPG
徐々に本格的な登りとなりますが、久々にチョイスしたデカザックの重さが気になります。

おっと、ここはどこだったでしょうか。見返り坂ですね。
P1520206.JPG
あの解説板、ズームしてみましょう。

最初の文字は「今」ですね。
P1520210.JPG
では、振り返ってみましょう。

どっぼ〜〜〜ん。仕方たありませんな。
P1520207.JPG
日頃の行いが悪かったということで、悔い改めていきましょう。

で、また階段を登ります。一人抜かされました。
P1520211.JPG
数日前に全国的に大雨が降ったせいか、登山者はまばらものんびり登山できて最高の日です。

ここはただの広場だったと思います。息を整えて再び行進。
P1520212.JPG
序盤は階段状になったコース部分が多かった。

この花は何だったでしょうか。遠見コースもきれいな花が見れるということで楽しみ。
P1520213.JPG
割りと平坦なコースも所々あり、息を整えるにはもってこいです。

おっと、結構深いですな。注意せねば。
P1520216.JPG
尾根筋を歩いているような感じでしょうか。

で、また平坦路。今のところコースはきれいで迷うような箇所はありません。
P1520219.JPG
トントン進んでいくと…

一ノ背髪に到着です。
P1520220.JPG
まずまずのペースで来ていると思いますが、名前の由来が分かりません。



序盤は様子見、一ノ背髪編はここまで。

次回、山楽し!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:20| Comment(0) | 登山部

2022年08月15日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:地蔵の頭編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は白馬五竜高山植物園を散策中!
P1520163.JPG
正式なコース図もショートカット気味に登っていきます。

おお、コマクサ。言わずも知れた高山植物の女王。
P1520172.JPG
燕岳が懐かしい。またいつの日か登りたいものです。

お次はキスゲちゃん。やや小ぶりでしたがキレイなもんです。
P1520174.JPG
いろんな花が咲いていて、見ていて飽きません。って、メインは登山や!

まぁ、そう焦らずに休憩でも。って、登り始めたところやろ!
P1520175.JPG
などとつぶやいておりましたが、ミネカエデやオオカメノキなどが植えられていました。

リフト終点が見えてきました。リフト終点と言えば荒島岳。
P1520176.JPG
今年も7月頭に登りましたが、ほぼ熱中症でした。最近の気候は気を付けねば。

ガスが少しひきました。神城の町が見えます。
P1520180.JPG
天気が好転するのを祈りましょう。

リフト終点に到着。テラスもありますな。天気が良ければ素晴らしい景色でしょうな。
P1520183.JPG
でしょうね。

おっ、コース図が。もう直、最初のタイムトライアル地点、地蔵の頭ですな。
P1520184.JPG
地蔵の沼は今回あきらめましょう。

小気味よい音を立てて木道を登って行きます。
P1520185.JPG
序盤はまだまだ傾斜はゆるい。

ケルンが見えてきました。ケルンと言えば明日、下る予定の八方尾根ですな。
P1520191.JPG
丸山ケルンまで2度登ったことがありますが、懐かしい思い出です。

で、到着。登山者は少なめでのんびりとしています。
P1520194.JPG
お賽銭を入れて登山の安全を祈願します。

標高1,676mなので、ここから1,200mほどの登り。
P1520196.JPG
どんなコースが待ち受けているのでしょうか。楽しみ黒ハート

ここで現在の時刻を確認してみましょう。午前7時50分。
DSCN0456.JPG
登り始めてから25分ほど経過。まずまずですな。



地蔵の頭編はここまで。

次回、序盤は様子見、一の背髪編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 00:42| Comment(0) | 登山部

2022年08月14日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:借りはきっと返すぜ、高妻山編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は白馬五竜スキー場駐車場上のテレキャビンアルプス平駅!!!
P1520147.JPG
とりあえず大展望台目指して登坂中!

シャキ―――――ン、到着。
P1520148.JPG
展望台からの景色を堪能してみましょう。

ヌヒョ〜〜〜ん。致し方ありませんな。
P1520159.JPG
この先、天気が好転することを祈りましょう。

案内プレート。見てみましょう。本来ならば今回目指す山がすべて拝めるところ…
P1520150.JPG
山の天気は変わりやすいと申しますが、最近の平地の天気は異常です。

おお、懐かしや。火打山。ここにいったときもガスっていましたね。
P1520151.JPG
雨飾りや妙高山。近いうに登りますよ。

白馬岳の壮大な景色や不帰ノ嶮のダイナミックなギザギザが〜〜〜 ない。
P1520152.JPG
いや、あるが見えない。にしても、白馬岳は素晴らしい。2回も登りました。

今回の縦走も期待してまっせ。こんな感じですけど。
P1520153.JPG
って、ちょっと待った!!  雨飾りに火打山。それに妙高山とな。

奴はどうした!奴は!!
P1520154.JPG
おった!!! 令和2年8月15日(土)に猛暑の中、死闘を展開した高妻山!!!

登るは登りましたが、惨敗でした。八丁ダルミからのアップダウンと灼熱の太陽にやられました。
P1520158.JPG
今年中になんとしてもリベンジしたい。

も、先に進みましょう。本日も未知の体験が待ち受けています。
P1520161.JPG
レストランなども興味ありますな。まあ、時間に限りがありますので。

では、一発気合を入れてアルプス平駅を出発します。
P1520165.JPG
マスクは外していきましょう。

高山植物園突入。シモツケが素晴らしい。
P1520166.JPG
ゆるゆる登っていきます。いい準備運動になります。

山本(やまほん:ガイド本)にある通り、リフトは使わずにここは徒歩で登ります。
P1520168.JPG
少しずつ汗が流れてきました。

幻想的な植物園の中を抜けて行きます。そう、妖精になったように…
P1520170.JPG
そう、やっと登山開始です。



借りはきっと返すぜ、高妻山編はここまで。

次回、地蔵の頭編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 16:01| Comment(0) | 登山部