2022年08月18日

五竜岳&唐松岳縦走スペシャル!:えっ、うそやろ!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

令和4年8月6日(土)から8月7日(日)にかけて、五竜岳&唐松岳を縦走した
模様をお伝えいたします。

ブログ内ではただ今、令和4年8月6日(土)。

現在の位置は遠見尾根コースの好展望、小遠見山で休憩中!
P1520240.JPG
小遠見山の三角点。では、十分休憩しましたので再び出発。

コース本線へ向かって進んで行きます。
P1520241.JPG
若干、植物が茂っていましたが、軽快な足取りで抜けて行きます。

なにか看板があります。字が細かいですな。
P1520242.JPG
もう少し大きく写してみましょう。

えっ、うそやろ。 「ここから先は登山の装備が必要です」
P1520243.JPG
ここから先は 登山の装備が 必要です? って、今までのコースは何だったのでしょう!

どっひゃ〜〜〜、てな感じです。

そう、とおみ遊歩道。 そう、ハイキングコース。 いや、ピクニックコース!!
P1520244.JPG
ピクニックコースですでに汗だくとはな。アーッハッハッハッハァー。

帰って山本(やまほん:ガイド本)を見返してみると、小遠見山から先が遠見尾根っぽかった。

で、池塘。池塘と言えば早月尾根を思い出しますな。
P1520245.JPG
思い出に残る激闘でした。

花岡砂礫でしょうか。燕岳を思い出します。
P1520247.JPG
表銀座など挑戦してみたいものです。

そして中遠見到着。小遠見山から近かったような気が。
P1520251.JPG
ここでタイムを確認してみましょう。

午前9時31分。登り始めてから2時間ほど経過。
DSCN0465.JPG
まずまずのタイムかと思います。

では、息を整えて再び出発します。
P1520248.JPG
景色を楽しめないのが残念。

整備されたコース。歩きやすい。
P1520254.JPG
地元の白山とはややコースの趣が違いますが、思い出に残る素晴らしいコースです。

ミヤマタンポポ?この辺りから少しづつ花が登場しました。
P1520257.JPG
キレイなもんですな。


木の根ゾーン。軽快なステップで抜けて行きます。
P1520256.JPG
まだまだ中盤戦。どんどん先へ進みましょう。



えっ、うそやろ!編はここまで。

次回、おにぎりうめ〜!編もお楽しみに。

Thank you.
see youぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 01:02| Comment(0) | 登山部