2012年05月31日

アージリス

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

今はモチベーション論の解説をしています。
今日はアージリスです。

アージリスは未成熟=成熟理論を主張しています。

個人は常に成長・発展したいという欲求、すなわち未成熟から成熟に向かおうとする
欲求があると考えました。

しかしその欲求が強すぎると伝統的な組織文化になじまないケースもあるため、
うまくコントロールする必要があります。

そこで1.職務拡大(job enlargement)と2.参加型リーダーシップの導入を主張しています。

1.職務拡大(job enlargement)
  職務の数を増加させることにより、職務の幅を拡げてあげる。
  職務の水平的拡大。

2.参加型リーダーシップ
  すべてのメンバーが将来の活動についての議論に参加することを許し、職務上の立場を
  メンバー自身に決定させることを許容する。

こうすることで個人の成長を促そうとするのがアージリスの理論の様です。
この2点を覚えればアージリスはOKです。

ん〜、なんとか今日中に更新しようと頑張りましたが
日付が変わってしまいました。

Thank you.
see you again.

posted by Love Earth モーリー at 00:09| Comment(0) | 中小企業診断士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: