2013年01月18日

MSトルコ・リラ建ステップアップ債券軍団との戦い:諸々の補足編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

外国債券軍団との長い戦いも本日で終わりかと思っていましたが、
重大なことをひとつご紹介するのを忘れていましたので、明日もう一回続きます。


本日は細かい話でご紹介できなかった部分を箇条書きで簡単に書きつづりたいと思います。


@ステップアップ債とは

 利息が何年かごとに上がっていく債券。特に計算で難しい部分はありませんでした。


A2012年12月19日(水)にディスカウント債のご紹介をしておりますが、
 その時に課税時期における指数なるものが登場し、
 それは「外貨発行国の国情・財務状況等を勘案して決まる。」とご紹介しました。

 そして、指数を決めるのは証券会社でした。

 結局、指数は確認しませんでしたが、ディスカウント債の予想売却価格を計算するときだけ、
 残高証明書に記載のあった【時価】を使用しました。

 時価こそ、発行国の国情・財務状況等を反映していると判断したからです。

 あっているかどうかわかかりません。


B証券投資信託
 
 相続財産の中に証券投資信託も沢山、存在しましたが、計算は財産評価基本通達どおりに
 計算でき、割と楽でした。ヤフー等で相場も検索可能です。


C再投資されていない未収分配金 ― 未収分配金に係る源泉所得税

 証券投資信託の計算をする際、算式中に上記の式が登場しますが、
 証券会社で確認したところ、国内の債券は別として、外国債券では
 正式な金額が出せないとのことでした。

 なので、毎月入ってくる(亡くなった月の入金)分配金額を日割りで求めました。


D公社債投資信託と株式投資信託

 表記上、公社債投資信託となっていても評価方法は株式投資信託の
 評価方法を使用するものがほとんどでした。


E国際ワールド・リート・オープン

 上記のような商品がありましたが、純然たるREIT(リート):不動産投資信託
 ではなく上場不動産投資信託に分散投資を行う証券投資信託でした。


以上、思い出すままに徒然と書きましたが、肝心なことをご紹介するのを忘れていました。

外国債券は当然、南ア・ランドやブラジル・レアル、豪・ドル、トルコ・リラ等の
外貨表記です。

最後に日本円に換算する必要があるのですが、続きは明日。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 19:34| Comment(0) | 財産評価
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: