2013年09月22日

富士山登頂プロジェク:まだまだ余裕の六合目!編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年8月13日(火)、14日(水)に
日本最高峰!富士山に挑んだ模様をお届けいたします。

現在の位置は、いよいよ登り始まる吉田口登山道!
P1090297.JPG
頂上まで6km。どんなドラマが待っているでしょうか。

あらら。少し登ると空カンが。
P1090298.JPG
これはいけませんな。などとはじめのころは拾っていたのですが。

次から次から落ちているので拾うのやめました。
P1090299.JPG
ゴミ多し。マナーは大切です。

まずは砂礫のコースです。
P1090300.JPG
全然歩き易い。

続いては岩交じりのコース。
P1090302.JPG
楽勝、楽勝。

などとつぶやいていましたら雷避け。
P1090304.JPG
添乗員さん曰く「雷は横からも襲ってくるし、10km先からも飛んでくる。」

「雷雲を見つけたら早めに安全な場所に避難する。金属製のものはザックにしまう。」

ことが重要とバスの中で教えていただきました。

ムム!雷雲か!
P1090305.JPG
いつもの雲でした。

安全指導センターが見えてきました。どうやら六合目に到着したようです。
P1090307.JPG
0.7kmほど歩きましたが六合目まではまだ楽ちん。

今日のツアーも若干弾丸登山ぽいですが、バスの中でしこたま寝てきましたので問題なし。
P1090310.JPG
バスは楽です。

などとつぶやいておりましたらモーリーの脇を雷鳥が走り抜けていきました。
P1090315.JPG
あまりのスピードで写真がぶれましたが、まぎれもなく雷鳥?

この時間、思ったより人は少なめ。
P1090319.JPG
それでも同じようなバスツアーの団体さんが5、6組くらいはいましたな。

現在の時刻は午後5時5分。登山道分岐から30分程でした。
CIMG4168.JPG
標高はまだまだ普通レベル。

少し休んでから記念撮影。では出発。
P1090320.JPG
すでにカッパは仕舞いました。

六合目を出発するとご覧の様なコースが続きます。土留めでしょうか。
P1090323.JPG
歩幅が微妙に合わないところがなんとも言えないところ。

この建物が何か看板の写真とるの忘れて不明。
P1090325.JPG
すぐ近くに案内看板が。

ちょうど下山時に使用するコースとの合流点の模様。
P1090329.JPG
まだまだ先は長いですな。ゆっくり富士山を満喫しながら登りましょう。

このまったりした雰囲気がたまりません。
P1090330.JPG
素敵な休日になりました。



まだまだ余裕の六合目!編はここまで。

次回、圧巻!七合目の山小屋行列!!編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 15:00| Comment(2) | 登山部
この記事へのコメント
同じ富士山でも違うものですね!

こちらの富士宮口は急な溶岩が続いていました。
これが道?と何度も首を傾げましたが、溶岩以外では足場を確保できず、手でしがみついても滑落しそうでしたので、納得。

もちろんゴミなど落ちてはいません。
食べながら歩けるような場所などないということでしょう。
Posted by キタ at 2013年09月22日 21:04
いつもありがとうございます。
富士宮口からも登ってみたいですね。
バスツアーがあれば手っ取り早いのですが…。
機会があればよろしくお願いします。
Posted by Love Earth モーリー at 2013年09月23日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: