2013年11月22日

剱岳登頂プロジェク:VSカニのハサミ編

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

引き続き、平成25年9月23日(月)に挑んだ剱岳登頂プロジェクトの模様を
お伝えいたします。

現在の位置は、獅子頭を無事通過したあと立て続けに襲ってきたカニのハサミ!
P1110312.JPG
昨日最後にご紹介したこの写真。これがすでにカニのハサミの取り付きでした。

少し下るように岩棚を進みます。獅子頭より岩棚はせまく怖い。

が、足場はちゃんとありました。

あまり余裕がないのでこの辺の写真少なめ。

獅子頭からカニのハサミまでの距離がどれくらいだったか記憶も曖昧。

それだけ緊張していたのでしょう。

見下ろす高度はこんな感じ。
P1110313.JPG
高度感も獅子頭より増していますが、とにかく慌てなければ問題なし。

そして最後のこのボルトに命を預けます。
P1110317.JPG
このボルトが最後の足場。なんとか越えました。クサリはこちらも新しく信頼度MAXすっす。

振り返って確認すると結構険しい難関でした。ふぅ〜っ。
P1110318.JPG
帰りも十分注意です。

ガスで今一つ高度感はありませんが落ちればヤバい。
P1110319.JPG
それでも思ったほど怖くない。本当に怖いのはやはり別山尾根ですな。

この後も険しいコースが続きますが、最大の難所はなんとか越えたか?
P1110320.JPG
コース、確認できますね。それにしてもガスが凄い。

これが先ほど越えたカニのハサミ。
P1110322.JPG
もう片一方のハサミは皆さんもご存じの通り、むかし崩壊済み。

なんと書いてあるのでしょうか。歴史を感じます。
P1110324.JPG
この辺、傾斜はゆるかったですがかなり足に疲労が。

下山してくる登山者、登る登山者、結構いますね。
P1110326.JPG
ちょっとですが平坦なコースで休めそう。

が、この辺で一箇所だけまたしてもクサリを掴んで越える岩棚があったはず。

そこはそり返っているかのように岩が張り出していて、その場所が一番難所だった気がします。

写真撮っていたでしょうか。下山時に確認してみましょう。

それでもちょっとだけ休めました。が、その先に待ち受けていたのは…
P1110328.JPG
怒涛のクサリ場ゾーンでした。もはや垂直。

それでもここまで来たらもうテンションMAXすっす(本日2回目)。
P1110331.JPG
上へexclamation上へexclamation×2

そしてまた上へ!
P1110333.JPG
果てしなく続くクサリ場との闘い。

もがき苦しみながらも歯を食いしばり登ります。
P1110335.JPG
そして、その先に有ったものは…




VSカニのハサミ編はここまで。

次回、分岐の標識編もお楽しみに。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)



posted by Love Earth モーリー at 17:31| Comment(0) | 登山部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: