2013年02月05日

MBO

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

昨日はTOB(株式公開買付け)のご紹介をしましたが、

A社がB社を買収する様な場合に使われるのはもちろん、

A社の経営陣が、広く一般投資家から株式を購入するケースも有ります。

これがMBO(Management Buy-out)です。

株式の発行はもともと、広く一般から事業資金を集めるため
証券市場に上場するなりしますが、M&Aが活発に行われている昨今、
いつ、自分の会社が買収のターゲットにされるのか分りません。

株式公開は長所もあれば短所もある時代になりました。


そこで、見知らぬ会社にいきなり買収されないようにするために
市場から株式を買い戻して上場廃止する企業も珍しくはないようです。

また、上場を廃止することで、とかく成績を気にして
短期で物事を判断せざるを得ない状況からも脱出できます。

ただし、上場廃止は広く一般からの資金集めができなくなりますので
一長一短ですが、資金力があればそれも良しです。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 22:09| Comment(0) | 中小企業診断士

2013年02月04日

TOB

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

診断士ネタでは多角化戦略までご紹介いたしました。

多角化の種類には色々あるとご紹介しましたが、そのうち
集成型多角化戦略はM&Aの世界とご紹介しています。

M=吸収合併(Merger)

A=買収(Acquisition)

M&Aに至るまでには色々な方法がありますが、一時期話題になったのがTOBです。

もうずいぶん昔の様な気がしますが。


TOB=株式公開買付(Take Over Bid)

ある会社を支配する目的で、株式市場のでターゲット企業の不特定多数の株主を相手に

一定期間内に

一定数量以上の株式を

一定価格で買い付けることを公表して

ターゲット企業の株式を大量に買い付ける戦法です。

買い付け価格は、通常時価よりも高くなりますので売る方にも多大なメリットありです。


知人から、「努めている会社で近く公開買付けが始まる様で、大手の子会社になるみたい。」
との連絡がありました。

その後、株価の推移を眺めていると、当然に上昇している。


なんとか景気も上向くか?的雰囲気になってきましたが、

少なからず、今もどこかで戦いが繰り広げられているようです。



Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 19:19| Comment(0) | 中小企業診断士

2013年02月02日

多角化戦略のメリット

Hello,everyone. I am Love Earth モーリー。

多角化戦略の基本的な種類をご紹介したところで、
今度は多角化のメリットを考えてみたいと思います。

が、その前にデメリットです。

多角化と言えば、

『欲に駆られて本業以外にも手を伸ばし、挙句の果ては失敗して
屋台骨まで揺らぐような非常にリスクの高いもの』

というイメージしかありませんでしたが、
講師の説明は違いました。


ではメリットです。

@シナジー効果(相乗効果)の発揮

 既存の事業と新規の事業がうまくかみ合えば、想像以上の成果を得られる。


Aリスクの分散

 どれかひとつ事業がダメになっても、総崩れする可能性は低い。


B未利用資源の活用

C適正な事業バランス


そしてD困難に挑戦することで企業を成長させることができる。


多角化はリスクが付きまとうと思っていましたが、逆にリスクの分散になります。

もちろん、額面どおりにはいかないですし非常に学習や研究、資金が必要になるでしょう。

しかし、昨今の経済事情を顧みれば「何もしなければ減る」時代に多角化を狙ってみても
決して悪くはありません。

そう、経営革新です。


Thank you.
see you again.ぴかぴか(新しい)


posted by Love Earth モーリー at 17:01| Comment(0) | 中小企業診断士